鑑定士と顔のない依頼人の作品情報・感想・評価・動画配信

鑑定士と顔のない依頼人2013年製作の映画)

La migliore offerta/The Best Offer

上映日:2013年12月13日

製作国:

上映時間:131分

3.7

あらすじ

「鑑定士と顔のない依頼人」に投稿された感想・評価

全編通してなんだが気持ちが悪い。
設定も効果的とは思えない。
若いうちに女遊びをしていないと将来女関係ででかいみすをするなんてよくいうが、イタリア映画だとさらに説得力が増す。

このレビューはネタバレを含みます

こじらせおじたんが詐欺にあった話。
どんでん返しあったか?
オークションでズルしてたんだから、自業自得じゃね?考察とかも観たけどーうーん…まあ細かい伏線と綺麗な絵画に点数つけた感じ。
はるき

はるきの感想・評価

3.3
予想通りすぎたし、全然スカッとしなかった。
こりゃつらたんやな😭
n

nの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

面白いし美術面も素晴らしいのは分かるんだけどジェフリー・ラッシュかわいそすぎる。悲しい男すぎる。好きな俳優さんだったのにちょいイメージ悪くなってしまったから点数低め。
Keishi

Keishiの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

全部作成通りってか笑

小ネタの散りばめ具合がすごい
数字連呼する人が本物クレアとは最後にしか分からんかったけど、途中の数字はヴァージルに教えてたんだろうな。

鑑定士あるあるの共犯者に落札されるのはあるけど、その共犯者がこの作戦の主犯格ってのがいいね、あんまり出演してないけど、言葉が毎回意味深だった

“The best offer”という合言葉ね

途中尺長いとこあるけど、小ネタの多さを踏まえるとこの評価
る

るの感想・評価

-
どんでん返しに対する驚きより後味の悪さが上回った
音も映像も本当に美しい、伏線の貼り方回収も素晴らしい、でもやっぱり無理、悔しい、可哀想
自分の人生に起こり得なかった愛する幸せを知るのは良いことだし、知らないまま終わる彼の人生を想像するとまあ大して明るくもないが、その喜びを知り、酷い失い方をし、これが二度と得られないというならば、知らなかった方がよっぽどマシなのではないかと思うね 
ある意味リアルっちゃリアルだと思うけど、この人生、好んで見たいものではない

そして驚いたことにわたしは5年前にこれを見ている、、、これが1番のミステリー
りょう

りょうの感想・評価

4.9
はい、あっぱれ!

どこからなにを噛み砕いていこうかな笑

すごい!ほんとにやられた!どんで返し!ここ最近イチオシ映画間違いなし。

思えば思い返すほど伏線貼ってあるし、違和感もある。1番違和感を感じたのは、クレアに花束をあげる時、それに気づいた使用人の顔。

若いうちにやるべきことをやっておかないと痛い目みるよってメッセージ性が密かに隠れてる気がする。
いち

いちの感想・評価

3.3
正直謎が多いまま終わってしまったことが無念。
・本物のクレアの存在意義
・求められた数字を即答できる能力のメタファー
・ロバートと偽クレアが裏切った動機
などなど

これらの謎がオートマタの部品のごとく、1つの解として明らかになればまた異なる感じ方ができるかもしれないが、敢えてそうでなくするのが監督の狙いだとすれば、果たして何を伝えたかったのだろうか?
ゆ

ゆの感想・評価

3.9
めちゃくちゃおもしろかったなって記憶だけはある
>|