いのさん

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンのいのさんのレビュー・感想・評価

3.8
《スーパーヒーローVS人工知能》

(あらすじ)
アイアンマンをはじめマーベルが誇るスーパーヒーローたちによって結成されたドリームチーム“アベンジャーズ”の活躍を描いたアクション超大作第2弾。
アイアンマンこと“戦う実業家”トニー・スタークは、将来出現するかも知れない新たな脅威から地球を守るために、人工知能“ウルトロン”による平和維持システムを開発する。
しかしウルトロンが平和を維持するために導き出した答えは、その障害となっている人類を排除するというものだった。
仮の肉体を得て暴走を始めたウルトロンを阻止すべく再び集結したアベンジャーズ。そんな彼らの前に、人の心を自在に操るワンダと超高速で動く肉体を持つピエトロの超人姉弟が立ちはだかる。

今作のアベンジャーズも大迫力のアクションシーンが満載だった。
特に個人的に好きなホークアイに焦点が当てられ進んでいくストーリーはかなり良かった。

ただ終わった後に知ったが、X-MANからピエトロとワンダが参戦したという事実を描いていないのが少し残念なところ。
他から参戦した経緯やピエトロがいいキャラしてただけにその喪失感や見てる途中で死亡フラグが立ちっぱなしなところが展開が読めてしまって少し残念でした。

それでも流石のアベンジャーズ。しっかりマーベルのファンの期待に添えるように着実に次のシリーズにつなげていく。
ますますマーベルが好きになってしまう、マーベルをもっと知りたくなってしまう作品でした。