進撃の巨人 ATTACK ON TITANの作品情報・感想・評価

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN2014年製作の映画)

上映日:2015年08月01日

製作国:

上映時間:98分

2.6

あらすじ

その日、人類は思い出した―。 百年以上前、突如現れた巨人たちに、人類の大半は喰われ、文明は崩壊した―。 この巨人大戦を生き残った者たちは巨人の侵攻を防ぐため、巨大な壁を三重に築き、内側で生活圏を確保して平和を保っていた。 だが百年、壁が壊されなかったといって、今日、壊されない保証はどこにもない―。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」に投稿された感想・評価

思ってたより楽しめました。

最初のCG丸出しでまったく恐怖感も感じられない超大型巨人、いままさに壁が壊されそうだというのにさっさと逃げ出さないメインキャスト、壁が壊されて戦隊モノのように吹き飛ぶ演出と、これはやべー作品だと思いましたが、思っていたより雑魚巨人のクオリティが良くて、そこはおもしろかったです。

雑魚巨人のシュールさ、異様だからゆえの怖さは原作同様うまく表現されてて好きでした。
あとはハンジ役の石原さとみさんが凄くよかった。
キャラクターといい喋り方といい、やっぱり別格だなーと思いました。

それに比べて、主人公のエレンの演技とセリフがクサ過ぎるのはどうにかならなかったのかと…
時代劇で斬られて、なかなか死なないで藻掻き続けるようなそんな演技を見るたびに気持ちが冷めちゃって観続けるのが辛かったです。

あとは前半と後半でキャラの変わるミカサですが、あの場面でエレンのことをあんなに憎むでしょうか…憎まなければ生きていけないぐらい過酷だったとは思うんですけど、いやいやいやあれはしゃあねえだろ…それでそんなに冷たくするか?!と終始イラついてしまうのも、冷める一因に。

次作に続くぜ!という終わり方も微妙でした。残念!
おけい

おけいの感想・評価

2.9
進撃の巨人の漫画全巻購入しているファンとしては、残念な映画。あの世界観を演出するのは難しいけど、人物だけでも銀魂のように、せめて似せて欲しかった。エレンが三浦春馬って…リバイいないし(似たキャラクターは出てるけど全く別もの)何一つ似てないし、主人公の年齢さえも違うし、これはもう進撃の巨人ではない
心臓を捧げよ。

このレビューはネタバレを含みます

原作の設定を使った別作品として見ないと見れない。全員日本人なのが違和感しかない(巨人も)。
役者がみんな棒読みだったのと巨人のクオリティの低さだけ笑った。
CGは笑っちゃうほど糞ほど酷いけど、B級モンスターパニック映画という括りで見れば佳作かなって思う。

うん、つまらなくは無いし面白くもない。
白湯みたいな映画。
コケる事が目に見えてるのにも関わらず制作してしまった駄作。見所は巨人のCGとミカサが猿なところくらい。
『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』
naonao

naonaoの感想・評価

1.1
率直にいって【面白くない】
なんでも実写化すれば良いのかなー…
オラフいます。笑笑
あれ、俺見終わったっけ?そっか見終わったんだ。

思ってたよりは悪くなかった。巨人が人間ぽすぎで気持ち悪かったけど、今の技術ってすごい進化してるんだなぁと思った。

普段はアクションは見ないんだけど、あまり頭を使いたくなかったので軽めの内容の今作品をチェック。後編は見るかな?多分見ないな。
>|