進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

上映日:2015年08月01日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:98分
    監督
    樋口真嗣
    脚本
    渡辺雄介
    町山智浩
    原作
    諫山創
    キャスト
    三浦春馬
    長谷川博己
    水原希子
    本郷奏多
    三浦貴大
    桜庭ななみ
    松尾諭
    渡部秀
    水崎綾女
    武田梨奈
    石原さとみ
    ピエール瀧
    國村隼
    あらすじ
    その日、人類は思い出した―。 百年以上前、突如現れた巨人たちに、人類の大半は喰われ、文明は崩壊した―。 この巨人大戦を生き残った者たちは巨人の侵攻を防ぐため、巨大な壁を三重に築き、内側で生活圏を確保して平和を保っていた。 だが百年、壁が壊されなかったといって、今日、壊されない保証はどこにもない―。

    「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」に投稿された感想・評価

    思ってたより楽しめました。

    最初のCG丸出しでまったく恐怖感も感じられない超大型巨人、いままさに壁が壊されそうだというのにさっさと逃げ出さないメインキャスト、壁が壊されて戦隊モノのように吹き飛ぶ演出と、これはやべー作品だと思いましたが、思っていたより雑魚巨人のクオリティが良くて、そこはおもしろかったです。

    雑魚巨人のシュールさ、異様だからゆえの怖さは原作同様うまく表現されてて好きでした。
    あとはハンジ役の石原さとみさんが凄くよかった。
    キャラクターといい喋り方といい、やっぱり別格だなーと思いました。

    それに比べて、主人公のエレンの演技とセリフがクサ過ぎるのはどうにかならなかったのかと…
    時代劇で斬られて、なかなか死なないで藻掻き続けるようなそんな演技を見るたびに気持ちが冷めちゃって観続けるのが辛かったです。

    あとは前半と後半でキャラの変わるミカサですが、あの場面でエレンのことをあんなに憎むでしょうか…憎まなければ生きていけないぐらい過酷だったとは思うんですけど、いやいやいやあれはしゃあねえだろ…それでそんなに冷たくするか?!と終始イラついてしまうのも、冷める一因に。

    次作に続くぜ!という終わり方も微妙でした。残念!
    大吉
    1.5
    最初は面白いかなと思ったけど評判通りだった。
    なぜ中途半端に原作キャラを出したか謎。
    まったく原作知らないのであーー面白ー!ってなりました。散々言われてるようですが 面白かったですよ。続きが気になる。
    なにこれコント?
    壮大なスケールのコントなの?
    そもそもアノ巨人、まんま人間じゃん…
    それにアニメと話が全く違うし…
    あんなエロ展開いる?
    キャストがまあまあ良いだけに
    もったいないな〜
    ただ、石原さとみはばっちりはまり役!
    rikako
    3.5
    やっちゃったな〜って感じ。
    masa
    2.9
    前にアニメの方を観たので観てみたくなった。
    大好きなリヴァイ兵長いないし、ヒアナとかいうビッチ誰やねんって感じだけど、原作とは別物と割り切って観ればいけます。
    巨人と立体起動装置の再現度は良かったよ

    2017.7
    >|