進撃の巨人 ATTACK ON TITANの作品情報・感想・評価

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN2014年製作の映画)

上映日:2015年08月01日

製作国:

上映時間:98分

2.6

あらすじ

その日、人類は思い出した―。 百年以上前、突如現れた巨人たちに、人類の大半は喰われ、文明は崩壊した―。 この巨人大戦を生き残った者たちは巨人の侵攻を防ぐため、巨大な壁を三重に築き、内側で生活圏を確保して平和を保っていた。 だが百年、壁が壊されなかったといって、今日、壊されない保証はどこにもない―。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」に投稿された感想・評価

思ってたより楽しめました。

最初のCG丸出しでまったく恐怖感も感じられない超大型巨人、いままさに壁が壊されそうだというのにさっさと逃げ出さないメインキャスト、壁が壊されて戦隊モノのように吹き飛ぶ演出と、これはやべー作品だと思いましたが、思っていたより雑魚巨人のクオリティが良くて、そこはおもしろかったです。

雑魚巨人のシュールさ、異様だからゆえの怖さは原作同様うまく表現されてて好きでした。
あとはハンジ役の石原さとみさんが凄くよかった。
キャラクターといい喋り方といい、やっぱり別格だなーと思いました。

それに比べて、主人公のエレンの演技とセリフがクサ過ぎるのはどうにかならなかったのかと…
時代劇で斬られて、なかなか死なないで藻掻き続けるようなそんな演技を見るたびに気持ちが冷めちゃって観続けるのが辛かったです。

あとは前半と後半でキャラの変わるミカサですが、あの場面でエレンのことをあんなに憎むでしょうか…憎まなければ生きていけないぐらい過酷だったとは思うんですけど、いやいやいやあれはしゃあねえだろ…それでそんなに冷たくするか?!と終始イラついてしまうのも、冷める一因に。

次作に続くぜ!という終わり方も微妙でした。残念!
めいめ

めいめの感想・評価

1.2
隅まで原作に忠実にしろとは言わないが、これは進撃って名乗らないで欲しい。
原作・アニメを見てる身としては目を伏せたくなるエレンとミカサです。
水原希子に罪はないけどこんなふわふわしたミカサは絶対に許せない。
ミカサはエレン至上主義でエレンの為に生きてるような女だから、他の男のものになってるなんて設定はミカサへの冒涜です。
そして、身長低い俳優探すの大変だろうし、実写俳優の完成度の低いコスプレされずにある意味助かったけど、リヴァイを出さないなんて勝負を捨ててるとしか思えない。
あと、人が巨人に食われるシーンは原作にあるから描いてくれて構わないけど、巨人と戦ってる横で性行為してる描写は勘弁してくれと思った。
原作の調査兵団は命捨ててかかってるのに、コイツら何してるんだと思う。
技術の持ち腐れにしか見えなかった。
唯一許せるのは石原さとみのハンジだけでした。
Hiroki

Hirokiの感想・評価

3.1
マンガと設定が違う
my

myの感想・評価

3.8
漫画でも見たけれど、ここまで再現しなくて良い気がしたけどリアルな方だと思う、、
マコ

マコの感想・評価

1.8
ミカサとエレンがこんな感じの関係性なの嫌だしシキシマなんか嫌だし原作と別物って思っても割り切れない…三浦春馬はかっこいい…
ヤマト

ヤマトの感想・評価

1.8
原作のがいい、残念
苺

苺の感想・評価

2.3
原作知らないけど、あんまり内容がなかったような?
でも巨人がリアルで凄かった。
もうちょっと迫力あると良かったかなー。
いろんな芸能人が巨人のモデルになってるとこだけ面白かったです
>|