進撃の巨人 ATTACK ON TITANの作品情報・感想・評価

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN2014年製作の映画)

上映日:2015年08月01日

製作国:

上映時間:98分

2.6

あらすじ

その日、人類は思い出した―。 百年以上前、突如現れた巨人たちに、人類の大半は喰われ、文明は崩壊した―。 この巨人大戦を生き残った者たちは巨人の侵攻を防ぐため、巨大な壁を三重に築き、内側で生活圏を確保して平和を保っていた。 だが百年、壁が壊されなかったといって、今日、壊されない保証はどこにもない―。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」に投稿された感想・評価

思ってたより楽しめました。

最初のCG丸出しでまったく恐怖感も感じられない超大型巨人、いままさに壁が壊されそうだというのにさっさと逃げ出さないメインキャスト、壁が壊されて戦隊モノのように吹き飛ぶ演出と、これはやべー作品だと思いましたが、思っていたより雑魚巨人のクオリティが良くて、そこはおもしろかったです。

雑魚巨人のシュールさ、異様だからゆえの怖さは原作同様うまく表現されてて好きでした。
あとはハンジ役の石原さとみさんが凄くよかった。
キャラクターといい喋り方といい、やっぱり別格だなーと思いました。

それに比べて、主人公のエレンの演技とセリフがクサ過ぎるのはどうにかならなかったのかと…
時代劇で斬られて、なかなか死なないで藻掻き続けるようなそんな演技を見るたびに気持ちが冷めちゃって観続けるのが辛かったです。

あとは前半と後半でキャラの変わるミカサですが、あの場面でエレンのことをあんなに憎むでしょうか…憎まなければ生きていけないぐらい過酷だったとは思うんですけど、いやいやいやあれはしゃあねえだろ…それでそんなに冷たくするか?!と終始イラついてしまうのも、冷める一因に。

次作に続くぜ!という終わり方も微妙でした。残念!
趣味の悪い残酷さ
原作の人食いとは少し違った印象を与えてる気が…
思考停止して観るならまだいいが、いろいろ考察しながら見ていると「ん?あれ?」と何度もなって集中できん
なかでも、町や小道具のディティールはとても気合の入った作り込みがされている印象
4Dで見たらアトラクションとして楽しめた 血がかかるの楽しかった
開始早々に、明らかに日本人なのに名前がアルミンな違和感に大きな衝撃(汗)
逆にこれで、原作と違うものって準備が整い、整ったあとは、巨人が思ったよりトラウマになる怖さで辛かった。

映画館で見なくてよかった。
これは怖い。
巨人は紙の上くらいが丁度いい。

この世にはリアルじゃないほうが魅力的なものがある。
hamadon

hamadonの感想・評価

2.0
奇行種がノリノリ
いし

いしの感想・評価

2.6
もっと自然にできたのでは?キャラクターの人格が変わってるので原作知ってるは人はショックかも
>|