TakutoMitumori

人狼ゲームのTakutoMitumoriのレビュー・感想・評価

人狼ゲーム(2013年製作の映画)
1.0
高校2年生の仁科愛梨(桜庭ななみ)は、下校中に何者かに拉致される。目覚めると、周囲には男女合計10人の高校生が円形になって横たわっていた。不可解な状況に戸惑う愛梨たち。人狼を見つけ出して皆殺しにすれば村人チームの勝利。
あとは人狼と同じルール村人を皆殺しにしたら人狼チームの勝利となる。彼らはなぜここに集められたのか?そして、生き残るのは誰か?生死を賭けたゲームが今始まる……。

人狼ブーム思い出してなんとなく見てみたけど人狼と村人しかいないからゲームが単調でつまらん。
指名して殺すのもみんなの手でって・・・
全体的にキャーキャーいって終わる感じがなんとも残念