捨てがたき人々の作品情報・感想・評価

捨てがたき人々2012年製作の映画)

上映日:2014年06月07日

製作国:

上映時間:123分

3.1

あらすじ

金も仕事もなく、不細工で怠け者の男・狸穴勇介(大森南朋)。生きる事に飽きて しまった彼の足が最後に向かったのは生まれ故郷だった。誰もが怪訝な表情を見 せるなか、ただ一人だけ笑顔で接してくれた顔に痣のある女・岡辺京子(三輪ひと み)に興味を示す。生きている証を快楽に求める勇介は、その欲望を京子に求め、 強姦まがいに関係を持ってしまう。 なし崩しに同棲し、やがてお互いを認める事なく“家族”を作ること…

金も仕事もなく、不細工で怠け者の男・狸穴勇介(大森南朋)。生きる事に飽きて しまった彼の足が最後に向かったのは生まれ故郷だった。誰もが怪訝な表情を見 せるなか、ただ一人だけ笑顔で接してくれた顔に痣のある女・岡辺京子(三輪ひと み)に興味を示す。生きている証を快楽に求める勇介は、その欲望を京子に求め、 強姦まがいに関係を持ってしまう。 なし崩しに同棲し、やがてお互いを認める事なく“家族”を作ることになった二人は、 それぞれに生きている事の“幸せ”とは何かを考えるのだった・・・。

「捨てがたき人々」に投稿された感想・評価

犬君

犬君の感想・評価

3.2
ブタァーーアアーーー
エロ映画以上の感想を見出せなかった…
大森南朋おおおお!!
大森南朋の苦悩を描いた人間臭い映画でした、、

そして、いい乳映画でした、、
言葉が好き
美味しい朝ごはんが大事。人間のクズ的なところは、まあ、しょうがないんじゃなかろうか。エンディングテーマが良かった。

このレビューはネタバレを含みます

ニッポンダメ人間賛歌。

ダメっぷり全開の味のある役者たち。
特に 美保純。
ほぼ自然光の特に頑張っていないルックも良し。
なんか よくありそうな話だけど、ただならぬ下品さが漂う。
みながドンドン堕ちていくが、不幸でもない。
が、幸せにもならない。
説教臭くなく説教される脚本。


原作も 気になる。
ボクもわるいサイクルに入ったときは「人はなにゆえ!この世に生を受けるのでしょうか!」と叫びたくなります。
どんより。

半分ポルノ映画
たえこ

たえこの感想・評価

3.2
最近、クズ男がメインの作品ばかり観てる。私のまわりもクズだらけ…
田中

田中の感想・評価

2.0
俺が神なら捨てます。はい。
>|