140字プロレス鶴見辰吾ジラ

戦慄怪奇ファイル 超コワすぎ! FILE-02 暗黒奇譚!蛇女の怪の140字プロレス鶴見辰吾ジラのレビュー・感想・評価

3.7
最初の投稿映像が長すぎる…いや、それでいいんだと思う。
今回は工藤さんじゃなくて、桜井さんの恋の物語なのだし。
最初は異常と思うくらい、投稿映像に尺使っているが、桜井さんが出会った女性に一目惚れするも、40歳近くで親の家で暮らす無職童貞で女性との距離感すらわからない男が精一杯背伸びしているのだから終盤の刹那さへのファクターになっている。
これが大学生くらいなら成立しない、キモさ前提の恋物語。
レディオヘッドのクリープでもかけれはいい。

今回、工藤さんは要所でヘタレに回るもキッチリ兄貴分もこなし、市川は男気を、田代は相変わらず手ぶれぶれぶれだが、工藤さんへの忠誠はぶれてない。

最後のUFOの全貌を見せなかったのはモヤモヤするが正解かな。

最後の最後のシーンは蛇足だった。蛇だけにね…