yum

チョコリエッタのyumのレビュー・感想・評価

チョコリエッタ(2014年製作の映画)
3.3
青春の1ページを切り取ったかのような、大事件は何も起きないけど、もやっとした心情だけが伝わってくる。フランス映画のような空気感。フェリーニへのオマージュでもあると思う。
ジュリエッタの不在は唯一ドラマティックさを生み出す。思い切ったな、勇気あるな、と思わずにはいられないシーンもあるので、どんなに変わり者で複雑なクセあり登場人物でも、私にとっての共感は生まれていた。ただそう思えた自分は少数派なはずなので、万人ウケする映画ではないだろう。