300 スリーハンドレッド 帝国の進撃の作品情報・感想・評価

「300 スリーハンドレッド 帝国の進撃」に投稿された感想・評価

エヴァ・グリーン演じる女敵将軍が、強い、怖い、美しいと三拍子揃った強烈キャラクターなんですが、セックスまでもが、バトル風演出になっていたのには、ぶったまげました。
これで400レビューということで、フィルマークスで400関連映画探したけどまともなのが無かった(失礼)ので300の続編で妥協。
世界史がもう頭から飛んでるのと前作観たのもすごい昔だから序盤の展開に全くついていけなかった。。。
バトラーは前作で死んでたんだったそうだった。。
かと思いきや続編でありながら一応同時系列だった模様。
前作同様映像はすごい綺麗で、血もたくさん出る。
あとはエバグリーンの血血も出る。
唐突なサシバトルにびびったけど文字通りバトルさながらの音楽で戦ってたな、あれなんだったんだろう。
帰還したあとの反応も謎だったわ。
今作は敵のインパクトの方が強かったせいか、前作のような熱い漢の魅力は物足りなかったかな。
blackbird

blackbirdの感想・評価

3.8
エヴァグリーンの
エヴァグリーンによる
エヴァグリーンのための映画

または、ラケダイモンの人々もニッコリのエヴァグリーン映画


前作に引き続き、歴史を楽しむために、息の詰まる男密度に耐えられるかどうかが試される映画かと思ってたけど、ふた開けたら何のことはないエヴァグリーン映画だった。男は確かに掃いて捨てるほどいたけど、まぁ、飾り。エヴァグリーン以外で記憶にあるのは、前作からいる変態坊主ことペルシャ王クセルクセスはエヴァグリーンにやられてああなったかわいそうな子だということくらいかな。

なのでともかく、このポスター?DVDの表紙?は載せる人間を間違えている。

なお、エヴァグリーン=ハルカリナッソスの女海賊アルテミシアは、一応ペルシャ軍に実在した将軍らしいけど、全然重要な将軍じゃなかった模様。ハルカリナッソスってペルシャ側(現トルコ側)の沿岸都市だけど、ヘロドトスが生まれた場所でもあってイオニアというかギリシャの文化圏っぽい。彼女にとってペルシャ戦争は立ち回りが難しい戦争だったんだろうなぁ。もはや映画関係ないけども。

調べたら、ヘロドトスの"歴史"に描かれている史上最古の女海賊、らしい。肩書きのパンチ力すごい。そりゃ映画の主役食うわ。

これ、続編やるとしたら、、プラタイアの戦い、か。全然300人と違うけど。重装歩兵11万人。。しかも今度は男密度を薄める素材がないのかも。。うわぁ
Kawatang

Kawatangの感想・評価

3.2
時系列、え?ってなってるうちにどんどん兵士死んでいく…
エヴァ・グリーンの目がいい。
maatin

maatinの感想・評価

3.0
やはり前作越えは…
エヴァグリーンが美しい。神々しい。

このレビューはネタバレを含みます

筋肉が足りない
2は海上戦。
ちゃんと見ないと、どの時系列かわからんくなる。
reytm27

reytm27の感想・評価

3.1
2018年25本目

果たしてこれは続編なのか

前のやつほど血湧き肉躍る感が無かった
きゃめ

きゃめの感想・評価

3.1
エヴァグリーンを楽しむ映画
>|