mimocyan

鉄くず拾いの物語のmimocyanのレビュー・感想・評価

鉄くず拾いの物語(2013年製作の映画)
3.3
ツアードキュメント映画「ジプシーキャラバン」では、ロマが歩んできた苦難の歴史から生み出された豊かな音楽に心動かされましたが、この作品では今まさに彼らが直面している厳しい現実を知れました。そして、自分はなんて整備された環境で生活させてもらってるんだろうと実感。

保険証がない、つまり満足な雇用を受けられない状況にあるということは、ロマがマイノリティーであることも多大に影響しているのだろうし、それでも戦争には駆り出され、地獄を見ながら戦ってきたというのに恩賞や補償もないというのはほんとにひどい話。
これは貧困に対してお金があれば解決とかそういう話じゃない。
法に、権利に、民族意識に…あらゆる社会システムによって日本にいる自分たちは守られてる。
けれど彼ら、ロマは違う。
彼らはその庇護の外側で生きることを強いられてる。

マジョリティーであることに甘えることができて、先に豊かさを手にいれただけの自分達が上からどうこう言えるものじゃないよね。
人物を含め、事実をそのまま再現するにとどまる簡潔な構成には監督からの真摯な問いかけを強く意識させた。