パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間の作品情報・感想・評価

パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間2013年製作の映画)

PARKLAND

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.2

あらすじ

テキサス州ダラス。小雨模様にもかかわらず、街は市民の熱気に包まれていた。アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディが、ジャクリーン夫人とジョンソン副大統領とともにやって来るのだ。ダウンタウンのエルム通りのビルに生地店を構える8ミリカメラ愛好家のエイブラハム・ザプルーダー(ポール・ジアマッティ)は、パレードを一目見ようとする観衆で埋め尽くされたディーリー・プラザに立ち、大統領夫妻を乗せたリン…

テキサス州ダラス。小雨模様にもかかわらず、街は市民の熱気に包まれていた。アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディが、ジャクリーン夫人とジョンソン副大統領とともにやって来るのだ。ダウンタウンのエルム通りのビルに生地店を構える8ミリカメラ愛好家のエイブラハム・ザプルーダー(ポール・ジアマッティ)は、パレードを一目見ようとする観衆で埋め尽くされたディーリー・プラザに立ち、大統領夫妻を乗せたリンカーン・コンティネンタルが通る瞬間を最新の8ミリカメラで撮影しようとしていた。そして午後12時38分、車が視界に入って来た時、3発の銃弾が鳴り響く。突然の惨事に人々の悲鳴が飛び交い、辺り一帯はパニックに陥った。その直後、市内のパークランド・メモリアル病院に頭部を撃たれたケネディ大統領が、フォレスト・ソレルズ(ビリー・ボブ・ソーントン)率いるシークレットサービスやジャクリーン夫人に付き添われて運び込まれる。激しい混乱の中、新人研修医のチャールズ・“ジム”・キャリコ(ザック・エフロン)、チーフ研修医のマルコム・ペリー(コリー・ハンクス)、ベテラン看護師のドリス・ネルソン(マーシャ・ゲイ・ハーデン)らが懸命に救命処置を行ったが… この事件は多くの人間の運命を変えた。瞬時に国を委ねられたジョンソン副大統領。容疑者逮捕のニュースを受け、自分が別件でマークしていた男だと気づいたFBI捜査官。一夜にして普通の暮らしを失ったオズワルド容疑者の家族……。そして2日後。ようやく平静を取り戻した病院に、今度は容疑者リー・H・オズワルドが瀕死の状態で運び込まれる——。 半世紀が過ぎた今もなお、人々の関心を惹き付けてやまない20世紀最大の暗殺事件。その場に居合わせた者たちは、かつて経験したことのない非常事態で何を思い、何を行ったのか?

「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」に投稿された感想・評価

JFK暗殺事件。当時もしもツイッターがあったら、本作のようになるのではないだろうか?
さまざまな視点と、事件により変わっていく個々の生活や人生。
本作は過去の史実を、こんにち的な捉え方で咀嚼した、ある種の実験として観れる。
水曜日

水曜日の感想・評価

3.8
ケネディ暗殺直後の医者、FBI捜査官、ムービー撮影者、暗殺犯の家族のストーリー。全く無駄なく淡々と話は進行していく。

ケネディ暗殺を「歴史的事実」という観点から描いたドラマ。各人の視点から淡々と時間経過を見つめるように、全体を俯瞰して眺められる。

おなじケネディ暗殺モノの『ダラスの暑い日』『JFK』のようなセンセーションもなく、同じ素材の見つめながら対局にある映画だった。

ラストは大統領と暗殺犯の二つの葬儀が並行に流れ、面白いか?面白くないか?という評価さえも出来ないような感じになる。

もうすぐウッディ・ハレルソンが、ケネディの後任のジョンソン大統領を演じる映画『LBJ』が公開されるので予習に最適
芝居を挟みながら"ジョン・F・ケネディ暗殺事件"をなぞる映画という印象

B級な俳優陣じゃないのに、ドラマ性は心に残らない❓
JFKモノ大好きなのにノーマークでした。Netflixで滑り込みセーフ。知らなかった話はJFKもオズワルドも同じ病院の同じ医者だったんだー、くらいだけど面白かった!
K

Kの感想・評価

2.6
記録
santasan

santasanの感想・評価

3.3
JFK暗殺事件が、アメリカの歴史の中でも特筆すべき衝撃的な事件であったことは間違いないが、その事実もさることながら、その日ダラスで直接・間接的に事件に関わることになった人々にとって「とても悲しい記憶」になったことがわかった。特にオズワルド容疑者の兄が印象的。
django

djangoの感想・評価

3.4
特に面白くはない。
病院がかなり長い時間舞台になっている。
ケネディ大統領と、暗殺犯オズワルドどちらも射殺されるからだ。
実際の映像をそれなりに使っていて、ドキュメンタリーチックに事実に基づいた虚構を描いている。
そして、それにより、無味乾燥な印象を受ける映画になった。
『24』のアーロン役の人が、オズワルドの親族を護衛しているのが、何気に清涼剤になっている。
人間味があるからだ。
病院のナースが、煙草を吸っているシーンがかなりの頻度で映っていたが、時代も国も違い、価値観が違うとはいえ、かなり印象が悪いね。
事件の真相やら犯人諸説というより、事件にいろんな形で関わった人々のドラマ。そう言う意味ではゾディアックと煮てる。FBI、担当医、現場を撮影した人、容疑者とその家族など。事件にとりつかれ、かなり人生にダメージを与えてるなーと。尺短めで良い。
>|