パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間の作品情報・感想・評価

パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間2013年製作の映画)

PARKLAND

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.2

あらすじ

テキサス州ダラス。小雨模様にもかかわらず、街は市民の熱気に包まれていた。アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディが、ジャクリーン夫人とジョンソン副大統領とともにやって来るのだ。ダウンタウンのエルム通りのビルに生地店を構える8ミリカメラ愛好家のエイブラハム・ザプルーダー(ポール・ジアマッティ)は、パレードを一目見ようとする観衆で埋め尽くされたディーリー・プラザに立ち、大統領夫妻を乗せたリン…

テキサス州ダラス。小雨模様にもかかわらず、街は市民の熱気に包まれていた。アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディが、ジャクリーン夫人とジョンソン副大統領とともにやって来るのだ。ダウンタウンのエルム通りのビルに生地店を構える8ミリカメラ愛好家のエイブラハム・ザプルーダー(ポール・ジアマッティ)は、パレードを一目見ようとする観衆で埋め尽くされたディーリー・プラザに立ち、大統領夫妻を乗せたリンカーン・コンティネンタルが通る瞬間を最新の8ミリカメラで撮影しようとしていた。そして午後12時38分、車が視界に入って来た時、3発の銃弾が鳴り響く。突然の惨事に人々の悲鳴が飛び交い、辺り一帯はパニックに陥った。その直後、市内のパークランド・メモリアル病院に頭部を撃たれたケネディ大統領が、フォレスト・ソレルズ(ビリー・ボブ・ソーントン)率いるシークレットサービスやジャクリーン夫人に付き添われて運び込まれる。激しい混乱の中、新人研修医のチャールズ・“ジム”・キャリコ(ザック・エフロン)、チーフ研修医のマルコム・ペリー(コリー・ハンクス)、ベテラン看護師のドリス・ネルソン(マーシャ・ゲイ・ハーデン)らが懸命に救命処置を行ったが… この事件は多くの人間の運命を変えた。瞬時に国を委ねられたジョンソン副大統領。容疑者逮捕のニュースを受け、自分が別件でマークしていた男だと気づいたFBI捜査官。一夜にして普通の暮らしを失ったオズワルド容疑者の家族……。そして2日後。ようやく平静を取り戻した病院に、今度は容疑者リー・H・オズワルドが瀕死の状態で運び込まれる——。 半世紀が過ぎた今もなお、人々の関心を惹き付けてやまない20世紀最大の暗殺事件。その場に居合わせた者たちは、かつて経験したことのない非常事態で何を思い、何を行ったのか?

「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」に投稿された感想・評価

JFK暗殺事件。当時もしもツイッターがあったら、本作のようになるのではないだろうか?
さまざまな視点と、事件により変わっていく個々の生活や人生。
本作は過去の史実を、こんにち的な捉え方で咀嚼した、ある種の実験として観れる。
Skyler

Skylerの感想・評価

2.1

このレビューはネタバレを含みます

運び込まれた病院の模様、大統領を守りきれなかったシークレットサービスの葛藤、偶然暗殺の一部始終をビデオに撮った一般人の苦悩、政治家、襲撃犯とされた家族、視点は良いし内容もきっと正確に考証されたかもしれない

ただしカメラワークが最悪
そこにカメラがないかのような、常にピントの合わない映像、更に細かく揺らされるカメラ、定点になってもシーンの切り替えが細かすぎるし、人物を遮るモノが多すぎる

それを臨場感溢れると表現することも出来るのかもしれないが、実際自分の目で見ればここまでピンボケする事はないし揺れることもない

abcかBBCですドキュメンタリーとしてやって欲しい お金取るなんて図々しい

酔ってしまって見続けるのがこれ程苦痛な映画は珍しい

内容も加害者遺族が出てきた以外目新しい事実もない
ザックエフロン目的で鑑賞。
ザックの役としては珍しく真面目にお医者さんでした。
混乱が去った後のやりきれない感じが切ないイイ演技。

テレビ番組などである程度知っている事件だったが事件の裏側で混乱に巻き込まれた人々の動きにスポットがあてられており、新しい視点で知る事が出来た。

しかし逆に表立ってニュースになっていた射撃があったその瞬間の出来事はサラッと流された感じで物足りなかった。
周りの人のショック加減で描かれる感じ。
ケネディ大統領は、本当に国民に愛されていたんだな
もう50年も前の事件だけど、あの映像は何度も観たことがある
テレビでも、JFK🎥でも
確か、真犯人は別にいる説もあったような
それを思うと、腑に落ちないほどオズワルドは犯人に仕立て上げられたようにも見える
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📀✒️📑
you1538

you1538の感想・評価

3.0
本当にオズワルドが犯人なのか、本当に単独犯なのか、ということに焦点が当たりがちだが、この作品は、偶然にもケネディ暗殺事件に関わってしまった人々の混乱を描いている。

邦題のサブタイトルにある「真実」は、犯人が誰かとかいう類のものではなく、実際に何が起こっていたか、その時どういう人たちがどういう時を過ごしていたか、という意味の「真実」である。

個人的には、ただパレードを撮ろうとしただけなのに、その瞬間を撮影してしまったザプルーダーが一番混乱していて、私が彼ならその後どう生きるか考えてしまった。

彼が雑誌社にフィルムを提供する時に「大統領の尊厳の問題だ」というシーンは込み上げるものがあった。

オズワルドの兄が、混乱しつつも冷静で、でもどうしていいかわからない感が凄く出ていて、埋葬シーンはグッとくるものがあった。

当時のアメリカ全体の混乱がよく伝わってきたし、意図せず関わってしまった人々の心に残った傷は一生消えないだろうと思うと胸が苦しくなった。

正直、ケネディ暗殺事件は私の中では教科書の中の出来事で、歴史としての認識が強く、ドキュメンタリーを見ていてもどこかエンターテイメントとして見ている感覚があった。

でもこれを見たら、オズワルドにも家族がいるし、自国のトップが大勢の目の前で撃たれて死ぬなんて、関係者じゃなくても支持してなくても心に傷を負うし、今までどこかエンタメとして捉えてきた自分を反省した。

ザック強化月間の一環として観たけど、コメディでもなく、歌いも踊りもしない本当に硬派な役で、見た目も含めこの作品のザックが一番よい。
snowgold

snowgoldの感想・評価

3.0
歴史は、未だもって謎に包まれた事件が多い。
それが大国のトップともなれば多くの人の思惑も絡んでくる。事実は、ひとつでありそれが解明されたとしてもその事実は、国の利益と天秤にかけられ全てが明るみになることはないのだろう。
暗殺からの4日間、感動のドラマのようにことは進んでいかないのが現実で側から見ているとあまりに杜撰な対応だとも思われるがそれが全てなのだと感じた。
世界的な大事件なのに永遠に真相が分からないという不思議な事件

色んな思惑が絡み合って起こった事件なんだなーと改めて感じた
kuroday

kurodayの感想・評価

2.5
1963年ダラスで起こったアメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディの暗殺に関し、偶然にも撮影していた8mカメラの撮影者、ケネディ大統領が運ばれたパークランド病院の関係者、シークレットサービスそしてオズワルドの母、兄らの証言をもとに構成されたあくまでドキュメントタッチの内容。
病院での現場風景は凄まじい空気感が感じられた。
クレジットを見てトム・ハンクスが制作に名を連ねていたのは、なんとも最後に気づいてしまった。
>|