パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間の作品情報・感想・評価

パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間2013年製作の映画)

PARKLAND

上映日:2014年06月28日

製作国:

上映時間:93分

ジャンル:

3.2

あらすじ

テキサス州ダラス。小雨模様にもかかわらず、街は市民の熱気に包まれていた。アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディが、ジャクリーン夫人とジョンソン副大統領とともにやって来るのだ。ダウンタウンのエルム通りのビルに生地店を構える8ミリカメラ愛好家のエイブラハム・ザプルーダー(ポール・ジアマッティ)は、パレードを一目見ようとする観衆で埋め尽くされたディーリー・プラザに立ち、大統領夫妻を乗せたリン…

テキサス州ダラス。小雨模様にもかかわらず、街は市民の熱気に包まれていた。アメリカ合衆国第35代大統領ジョン・F・ケネディが、ジャクリーン夫人とジョンソン副大統領とともにやって来るのだ。ダウンタウンのエルム通りのビルに生地店を構える8ミリカメラ愛好家のエイブラハム・ザプルーダー(ポール・ジアマッティ)は、パレードを一目見ようとする観衆で埋め尽くされたディーリー・プラザに立ち、大統領夫妻を乗せたリンカーン・コンティネンタルが通る瞬間を最新の8ミリカメラで撮影しようとしていた。そして午後12時38分、車が視界に入って来た時、3発の銃弾が鳴り響く。突然の惨事に人々の悲鳴が飛び交い、辺り一帯はパニックに陥った。その直後、市内のパークランド・メモリアル病院に頭部を撃たれたケネディ大統領が、フォレスト・ソレルズ(ビリー・ボブ・ソーントン)率いるシークレットサービスやジャクリーン夫人に付き添われて運び込まれる。激しい混乱の中、新人研修医のチャールズ・“ジム”・キャリコ(ザック・エフロン)、チーフ研修医のマルコム・ペリー(コリー・ハンクス)、ベテラン看護師のドリス・ネルソン(マーシャ・ゲイ・ハーデン)らが懸命に救命処置を行ったが… この事件は多くの人間の運命を変えた。瞬時に国を委ねられたジョンソン副大統領。容疑者逮捕のニュースを受け、自分が別件でマークしていた男だと気づいたFBI捜査官。一夜にして普通の暮らしを失ったオズワルド容疑者の家族……。そして2日後。ようやく平静を取り戻した病院に、今度は容疑者リー・H・オズワルドが瀕死の状態で運び込まれる——。 半世紀が過ぎた今もなお、人々の関心を惹き付けてやまない20世紀最大の暗殺事件。その場に居合わせた者たちは、かつて経験したことのない非常事態で何を思い、何を行ったのか?

「パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間」に投稿された感想・評価

JFK暗殺事件。当時もしもツイッターがあったら、本作のようになるのではないだろうか?
さまざまな視点と、事件により変わっていく個々の生活や人生。
本作は過去の史実を、こんにち的な捉え方で咀嚼した、ある種の実験として観れる。
はる

はるの感想・評価

2.5
BS ジャパン
Toshiya

Toshiyaの感想・評価

3.0
想像の域を出ないけど大変な出来事だったんだろうなあ
最後のその後のところが良い
sae

saeの感想・評価

-
記録

C(吹)③
pide

pideの感想・評価

3.3
多くの闇がそこにはあると言われ続けているケネディ狙撃事件。

僕もどういった事件なのかは知っているが容疑者の目的やこの事件に関わった人々の心情なんかは全く知らなかった。
この映画を観終っても結論から言えば真相はわからず…。

この映画はケネディが撃たれるシーンから始まる。
つまり撃たれた後の周りの人々がこの話の中心だ。

病院内の治療シーンがリアルすぎて見るに見れなかった。
しかもそんなシーンが何度も出てくる。

僕はこの映画を観てこの事件の色々な本を読んでみようと思った。
Inagaki

Inagakiの感想・評価

2.8
驚きの真実、はなかった。
ゆき

ゆきの感想・評価

3.6
記録としては、良いと思う。
だけど、この事件自体を知らない我が家の小学生は、これだけ観ても、何だかわからなかったようだ。

ケネディ暗殺の際。見物人(ビデオ撮影をたまたましていた人)、病院側、容疑者の家族、シークレットサービスがどんな動きで数時間、数日を過ごしたか。

今でも謎があるこの事件。よく放映されるケネディ暗殺の映像はぼかされつつ、周りの人々の心理、言動を映し出す。
ビデオ撮影者が、その後の人生でビデオを手にする事が出来なかったとの事…心が痛い。
この事件に関わった多くの人々、例えば、暗殺の瞬間を撮影した男性、大統領とオズワルドが運び込まれた病院の関係者(ちなみにこの病院の名前が「パークランド」)、オズワルドの兄や母などが、この事件に翻弄される姿が事細かに描写されている。私の好きな映画のジャンル。

ただ、臨場感を出すためだろうが多くの場面がアップ気味で、手持ちカメラのユラユラした映像が続くため、見ていて疲れた。暗殺以降怒鳴り合いが続くのも鑑賞の疲れを増していた。
apollo

apolloの感想・評価

-
アメリカの歴史
>|