YuukiKurubi

アデル、ブルーは熱い色のYuukiKurubiのレビュー・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)
4.1
映画全体に漂うアンダーグラウンドで耽美な雰囲気にちょっとあてられる。
想像していたより大分長尺な映画だったが、素敵なシーンが沢山あってそれほど苦痛ではなかった。
フランスって性に寛容そうなイメージだけど(映画も日本よりは寛容だが)思っていたより偏見が残っているんだろうか。
レズビアンを隠そうとし、同級生にからかわれる姿を観てちょっと意外だったが、日本の高校生だったらあんなものじゃ済まないだろう。
アデルがエマに一目惚れした時に開かれたセクシャルマイノリティへの扉。エマ役のレア・セドゥはそれを植え付けるのに十分なインパクト、魅力を持った女優だった。
アデルが不意にエマをオカズに自慰行為をしていることに気が付いたときの「私なにやってるんだろう」というリアクションがなぜかとても引き込まれた。その発見と同時に新しい自分が開眼していくも、完全なレズビアンではないというのが物語のミソだと思う。アデルにとって強烈な愛情を抱かせたエマがパートナーとして相応しかっただけであり、これはアデルがレズビアンであることを裏付けるものではないと思う。かといってファッションレズビアンのような中途半端なものでもない。恐らくアデルは根本的な部分はストレートでいながら、強烈な感性をもつエマと一種シンクロしたことによってレズビアンをも超えた「家族」になることが出来たのだと思う。エマという存在がある限りアデルが他の女性と恋に落ちることはこの先ないんだろうな、と思うほどに2人の関係が非常に特別な愛だったことを感じた。