Atomy

アデル、ブルーは熱い色のAtomyのレビュー・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)
4.2
未熟な私は、一度見た時は、ストーリーを追うだけで気が付かなかったけど、二度三度見るうちに別のテーマに気がつくことがある。

同性愛だとか、フランス人だとかそういう色眼鏡を取っ払ってみると、とても身近な問題にぶつかる。

誰かと付き合うとき、育ちの違いを感じるときがきっと誰にもあるはず。
その場ではちょっとした差でも、付き合ううちにその差が思ったよりも大きくて、思うように埋められないことに気がつく。
両方が気がつけばいいけど、なかなか現実はそうはいかないよね。

青い髪のエマは、アデルの知らないところでそれにずっと苦しんできたのではないかな。関係のはじめのころから、そんなふうに見えた。

切ない。振る方も振られる方も。好きというだけではやはり上手くいかないのかな。