ユタ

アデル、ブルーは熱い色のユタのネタバレレビュー・内容・結末

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)
3.9

このレビューはネタバレを含みます

エマといるとき以外のアデルはどこか抜け殻みたいに見える。
そんなアデルの佇まいが良い。

プロットだけ追えば取るに足らない話になりかねないものなのに、役者の力で体温が伝わってくる作品になっているように感じた。
また人間の弱さやみっともなさからも逃げずに、感情を丁寧にすくいあげていく姿勢も好きだった。

作品の中で友人たちにアデルがエマのことを問い詰められるシーンや、昔ながらの考え方を持つ両親とのシーンをみて胸が痛んだ。

自分は当事者でないのでセクシャルマイノリティの気持ちは本当の意味でわからないけど、もし自分の子供や友人が当事者だったら支えてあげたいと思う。
誰かを愛することに間違いなどあるはずがない。

そして、これは同性愛を扱った作品だけど、それ以前にとても普遍的な愛の物語だと思った。
誰しも少なからず持っている、ずっと心の奥にしまっておきたい人生の一部を見た気がした。