じゃがいも

アデル、ブルーは熱い色のじゃがいものレビュー・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)
4.0
綺麗。フランス映画っぽいゆったり進行で3時間あります。終始顔のアップ。セックスシーンで身体を撮るのもそうだから、アデルとエマのように好きな人を間近で見ているような感覚がある。

クラスメイトがレズだろって詰めてきたりからかってくる場面はセクシャルマイノリティを題材とした映画として超しんどいんだけど、その他恋愛の切なさとか浮気とかセックスハマって離れがたい みたいなのは恋愛感情のある全人間の話だなと思った。とか書いてて感じたのは、アセクシャルの話って見たことないかも。

あと所作とか文化理解から階級差も感じるのしんどいですね。