アデル、ブルーは熱い色のネタバレレビュー・内容・結末

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家…

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家になったエマのモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが、エマが絵の披露をかねて友人たちを招いたパーティの後、急に彼女の態度が変わってしまう。淋しさに耐えかねたアデルは、愚かな行動に出てしまうのだが──。

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿されたネタバレ・内容・結末


長い。3hは長い。
けどそんなに間延びしてる感じには思わなかった。

アデルがぐちゃぐちゃに泣きながらチョコ食べるシーンがいちばんすき。

エマにすがる往生際の悪いとこは観ててうわあ、、てなってしまったけどアデルは一周回ってピュアだしこういう女の人は嫌いじゃない。嫌いじゃない。けど。
すきなら浮気すんなよ~~~何年も引きずるなよ~~~て後半突っ込みまくってました。
中盤くらいまでがすきだな。

エマとその家族、周辺の人は芸術家肌の人がすきなんだなあ。
アデルは平凡に教師やってるからそこで疎外感感じるのはわかる。
エマはアデルに自分の理想のパートナー像を押し付けてた、アデルはそれが寂しかったし苦しかった、結果別れが来た。ありふれた価値観の相違による別れ。

フランス映画最近ちゃんと観れるようになってきた!
この独特の雰囲気
良かった😌

サルトルの本、気になる。

エマが怒るシーン、凄い。

二人ともスタイル良い。

スパゲッティー、柔らかそう。美味しそう。
ほぼメモです。

観終わったいま放心状態に近い。。


最初のシーン(まだエマと会っていない)でもパスタ食べて、エマを家に招待したときもパスタ、アデルが後悔するきっかけとなったパーティもパスタ
パスタ印象に残った


エマの青い瞳とブルーの髪がとてもよく似合っていました。美しかった。とても惹き込まれる。


エマ
「人生に偶然はない。」
「でも想いを抱き続ける。いつまでも。死ぬまで。」

特に2つ目のセリフが重くて観てるこっちもなんか分からない感情がこみ上げてきて涙が溢れでた。


人間関係、恋愛、表情、何から何までリアルでとても感情移入した。


アデルが入ったバーで「偶然」会ったエマ。
見てみると、横断歩道で一目惚れしたエマがこちらを見ている。
どこかミステリアスで魅力的なんだな。

アデルがエマに対して寂しさを覚えてから、同僚(男)とも関係を持ってしまって、
もともとアデルが女性のことを好きと自分で分かってたのかは分からないけど、
初めての同性の彼女?で、まず自分のきもちをどうするのかでいっぱいいっぱいだったのかな。


海に入って、浮かんで、髪の毛がブルーに染まっていって、、
とかエマの展示会にアデルがブルーの洋服で行ったのもどこか切ない。というか言葉にできない感情がたくさんうまれた。
エマと久しぶりに会ったときもブルーの洋服だった。


アデルがゲイバーに行ったのを、一緒に行った男友達(ゲイだよね)が、いつもいる女子グループに言ってしまい(アデルはゲイバーに行ったことを伏せておいてほしかった)、非難を浴びてしまうのとか、
エマが学校に迎えに来たシーン!ここお気に入り!!では、みんなが呼び止めてるのを無視してエマと一緒に帰ることで二人の関係性を非難してたり

そこに愛があるなら素敵なことだと思う。


エマが学校に迎えに来てそのあとベンチで絵を描くシーンほんとうに好き。
アデルはあんなに綺麗な顔立ちなのに、髪の結び方とかご飯の食べ方とか口が開いてるところとかが生活感溢れててただただ可愛い。あのエマの目は魅力的すぎて誰が見ても引き込まれてしまうよな〜話のストーリー的には一般的な話だけど映像と2人の美しさで引き込まれた。どっちの気持ちもわかるからくやしい、、3時間は少し長く感じてしまった、、
ラストシーンの音楽でなるほどと思った
人とは違くて何かが足りず、恋愛に本気になれないエマがアデルと出会い、人を愛するとは何かに気付く話
最後のシーンが印象的
アデルの表情が画面いっぱいに広がって無駄な台詞もなくこの子は今何を思って何を感じているんだろう、と想像力を掻き立てられる。全てが絵画みたいで、最初から最後まで恋が情熱的だった。ベッドシーンも不快感なく唆られることもなく美しく見ていられる。
別れのシーンが、その後のアデルの感情、エマに二度会う時、エマに言われること、とてもリアリティがあって印象深く心に突き刺さった。もう愛してない、それは絶望で深い恋に決定的な終止符を打つ。自分のことのように呼吸ができないくらい辛い。受け入れられないのがよくわかる。フランス人もレズビアンも恋の終わりは大体皆同じで、同じ不安に苛まれている。
カットと時の流れが急
それでも3時間ある
アデルもエマも美しい
ベッドシーンが壮絶だった
どう頑張っても2人が戻る未来がなくて寂しい
一度壊れたものは戻らないのか
エマの言った通り死ぬまで想い合うだけ
女同士の恋愛はよくわからないけど、これはエマが仕草も言動も惚れぼれするくらいの男で、アデルは若くて保守的な女の子中の女の子なので、よくある普遍的な恋愛話だと思う。
同性愛を感じさせるのは、友達や両親からの偏見と、あとは多分レンタル版ではカットされてしまったシーンなのかな。そこが重要だっただろうに。カットされたシーンを観ずしてこの映画を語っていいものか迷いますが、とりあえずの感想。
生々しく非常に丁寧。分かりやす過ぎじゃないかとドキドキするくらいの表情のオンパレード。
無造作な髪や鼻水、ナイフもなめちゃうし、何より鼻呼吸をしない!アデル。そんなとこが魅力的なのは若さゆえだということは否めません。
若さだけではいられなくなった時に浮気がなかったとしても、いずれエマは別れを切り出していたでしょう。
でもラストの後ろ姿は、アデルはこの経験を乗り越えて、また素敵な恋ができると感じられました。平凡でも安定志向でも、アデルはアデルでいいのです。
育った環境、パスタとカキの対比が興味深かったです。
なっげぇなぁ、、と思って見てたら3時間もあった。

フランスの文化ってこんな感じなんだ、デモパレードとか結構身近なんだなーと思う。

セックスシーンがかなりリアルで、見応えがあった。
>|