アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

ゆめ

ゆめの感想・評価

3.6
やたら長いなと思ったら3時間もあった… いつも中途半端で、拠り所がなくて不安そう不満そうで、エマのように芸術的になることもできず、同性愛者としても壁の向こう側に行くことができず、その勇気もないアデルが自分のようでつらかった。
エマの実家での会話とアデルの実家での会話が対になってたり、目線の使い方とか光の使い方とかうまかった。レアセドゥはもちろん鮮烈なんだけど、ガーリアラクロワのどこにでもいる冴えない少女っぷりもよかったな。アデルは結局あのまま何者にもなれずに漠然と生きていくんだろうなぁ
harutoda

harutodaの感想・評価

3.4
ながーい長すぎ
まあでもアデルには幸せになってもらいたいね
2度目の鑑賞。ひたすらに綺麗。

初めて観たときは、フランス映画をほぼ初めて観たようなもので、文化の違いか理解できないところが多々。今だって完全には、考え方や行動が理解できていない。

アデルは、何の装備(化粧、着飾ること)をしていなくても十分に美しい。本人は気づいていなくて、いつも無造作に、と言えばいいのか、無頓着に生きているところが対比になっていて。ところがエマと出会って恋に落ちて、身なりに気を遣うようになって。トマとの時はそんなことなかったのに。

アデルとエマ、ふたりの描写がただの「恋愛もの」でないあたりが好き。レズビアンの恋愛だから、とか性のことは置いておきたいけれど、やっぱり女性同士の方が「芸術的美」、というか、そういうものが際立つ気がする…。主演ふたりも美しいし。

アデルにとっては「ブルー」は情熱的な、燃え上がる色。出会ったときのエマの髪色、キスをしたときのベアトリスのネイル、エマの展示へ赴いたときのアデルのドレス。「ブルー」と対比される色は一般的には「レッド」だと思うけれど、しばしば出てきていたな。「ブルー」が情熱なら、「レッド」は冷静?
味噌汁

味噌汁の感想・評価

5.0
好き
可哀想やけど好き
うーーーーん...
良い映画なのは分かるのに、いかんせんフランス映画(ですよね?)が合わない体質なばっかりに...
見てて疲れてしまった..
でも、感情の動きとか、本当の恋の激しさとか、エマの魅力とか伝わる映画だった
アデルに幸あれ!
エマが美しいのはもちろん、恋をしてどんどん美しくなるアデルも素敵だった〜
最後わかんなかった。また見よう。
でもなんかすごく良かった。結局2人の愛は、?
2人の家族が対照的なとことかなんかじわじわ好き。
どっちの肉体も最高級。。。ただ、二人同時にケツを叩くのだけはやめて。
混じりあったあと、2人の肌の色はほとんど一緒だった。
あお

あおの感想・評価

3.8
恋だった。
ぽん

ぽんの感想・評価

2.9
.
2018🎬33
アデル、ブルーは熱い色
.
欲しいの
.
.
レズビアンのお話。っていうと抵抗がある人いるかもしれないけど、美しくて儚くて、性とか将来のこととか色々考えさせられる映画だった。
とにかくアデルは可愛い。寝てる姿が特に、ウサギみたい....エマはほんとかっこよくて、自分を貫く生き方とか、青い髪めっちゃ似合っててこれは惚れると思った。
誰しもそうだと思うけど、出会った頃が1番楽しくて、大好きで、特にアデルは高校生だったから自分の感情のまま生きてる感じがしたけど、一緒に住んだり仕事したりしていくうちに、どうしても2人が合わない時もあって。寂しくなった時にどうなるかっていうのが、ずっと一緒にいられるかそうじゃないか、だと思う。中学聖日記で吉田羊も言ってたけど、
"幸福と好きは共存しない。幸福だと好きが薄れて、好きだと幸福は薄れる"
ほんとうにめちゃくちゃになるくらい大好きになるのは、好きになったらうまくいかない人が多いんだろう。いや、好きになっちゃダメだって思ってるからこそ、めちゃくちゃに好きになるのか....🤔エマが他の人と喋ってるの見て嫉妬してるアデルを見て、めちゃめちゃ分かる....と思った🤥自分だけを見てほしいけど、絶対そんな縛りたくもない自分もいて、感情の揺れ動きって特に女の子激しいんじゃないかなぁ....だから楽しいし、寂しいし、嬉しいし、むかつくし。
アデルもエマもきちんと自分の道を見つけて仕事してるのみて、ああ何にもやりたいことに向かって就活なんてしてなかったなぁ....て思ったけど、決まったところで頑張るのもまた1つの道だと思って頑張るぞ、社会人やだけど😞
フランス映画だったけど、et toi?と数字くらいしか聞き取れませんでしたむずいなあ、あ、タイトル通りブルーがアクセントになっててとてもよかった
.
💙💙
仕事は決して手を抜くことがない真面目な性格で、自分の身内でさえも一度も迷惑をかけたことがなく、抜かりない気遣いを振る舞えるとても温厚なアデル(アデル・エグザルコプロス)が、いつからか笑うことを忘れていた。

彼女のなかの何かに蓋をするように、何かを我慢するように、月日は否応なしに流れていく。

目の前のものは見ないように、あえて遠くを見つめるその視線が、本当は見つめたがっているものが一体何なのか。

わかるよ、本当はちゃんとわかってる。

いくら取り繕おうと、よく観察していれば、喩え口を閉じていようと、全身全霊で語りかけてきてるもの。

一度電車から降りてしまうと、いくらその電車が乗せてあげたくても、いくらその乗客が乗りたがろうとも、走り去ってしまった電車にはもう乗れないように。

物語の終盤を見守りながら、僕はもう我慢できずに語りかけてしまった。

「おおー、アデルが笑った!」とか「んんー、タイミング悪ぃよオッチャン!」とか「違う反対!反対側だって!」とか、全くもって黙っていられなかった。

そしてエンドロールに入った瞬間、床を殴ってしまった。

p.s.

誰かを愛することは、ある種の“契約”みたいなものなんだろうか。

自由でいたいし愛する人も自由でいてほしいと思っている僕には、まるで所有物かのように独占しようとする愛し方がなかなか理解し難くて、心中穏やかではなかった。
>|