アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家…

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家になったエマのモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが、エマが絵の披露をかねて友人たちを招いたパーティの後、急に彼女の態度が変わってしまう。淋しさに耐えかねたアデルは、愚かな行動に出てしまうのだが──。

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

エマといるとき以外のアデルはどこか抜け殻みたいに見える。
そんなアデルの佇まいが良い。

プロットだけ追えば取るに足らない話になりかねないものなのに、役者の力で体温が伝わってくる作品になっているように感じた。
また人間の弱さやみっともなさからも逃げずに、感情を丁寧にすくいあげていく姿勢も好きだった。

作品の中で友人たちにアデルがエマのことを問い詰められるシーンや、昔ながらの考え方を持つ両親とのシーンをみて胸が痛んだ。

自分は当事者でないのでセクシャルマイノリティの気持ちは本当の意味でわからないけど、もし自分の子供や友人が当事者だったら支えてあげたいと思う。
誰かを愛することに間違いなどあるはずがない。

そして、これは同性愛を扱った作品だけど、それ以前にとても普遍的な愛の物語だと思った。
誰しも少なからず持っている、ずっと心の奥にしまっておきたい人生の一部を見た気がした。
かなり官能的だったが、性的マイノリティーについて考える際に、その導入として楽しみながら観ることができると思う。
ゆめ

ゆめの感想・評価

-
とにかく悲しい 虚しい
レズビアンのバーで二人が出会うシーンがめっちゃ好き かっこいい 不思議 ドキドキする映画
sonozy

sonozyの感想・評価

-
第66回カンヌ国際映画祭で最高賞・パルムドールを受賞。
高校2年の文学少女アデル(本名もアデル・エグザルホプロス)と、街で一瞬すれ違ったブルーヘアの美大生エマ(レア・セドゥ)。
1年上の彼と付き合い始めたアデルだが、気になるエマが忘れられず惹かれレズビアンに目覚めていく。
約3時間と長い!ですが、気持ち揺さぶられる素晴らしいLGBTラブストーリーでした。
惚れてまうやろ!視線のマニッシュなエマと、あどけなさの残るアデルの変化(乱れ髪と唇がチャームポイント!)。
そしてリアルで濃厚なセックスシーン!(ボカシなし)
ラストのアデルの鮮やかなブルーのワンピースが印象的です。
ベッドシーンだけで撮影に10日間など、過酷すぎる撮影のため女優二人はもう二度とこの監督の作品には出たくないと言ったとか。分かる気がします。笑;
(Netflix)
好きなタイプのフランス映画でした
アデルを見透かすようなエマの目とか、エマのすべてが恍惚でした
すれ違い様に目でアデルを追うシーンと、終盤のカフェでのシーンが大好き
全然苦にならない180分
hayashi

hayashiの感想・評価

3.7
エマの美しさに惚れ惚れします。かっこいいのに女性らしさもあって綺麗でまさに美。心射抜かれた感じがします。アデルの気だるそうな話し方とか常に切ない表情とかとてもリアルで良かった。結局一目惚れはしたけど運命ではなかった終わり方もフランスっぽくて良いですね。儚くて繊細で。フランス映画やっぱ好きです。それにしてもエマが美しい。。これにつきます。
ゴン

ゴンの感想・評価

3.4
ダメだこれわからないやつだ
でも分からないなりに、見てる時間が苦痛にならなかったので、別に分からなくてもいいやつなんだろう
序盤からのアデルの幼い感じ印象的だなー。結局は幼さとの決別、て話になるのかな。アデルにとってのエマは結局なんだったんだろう…一目惚れってほんとなんなんだろう…
藤

藤の感想・評価

4.3
レアの瞳が美しい。
アデルを見透かすような視線。

男の子みたいにボーイッシュなエマ
なのに、女性特有の美しさが浮かび上がるのはレア・セドゥだからなのかな。

所々思わず笑ってしまうような台詞(翻訳)が多かった。
けれどもたくさんの人が言葉を交わすシーンでは主人公アデルの台詞しか字幕が出ない。
ちょっと残念。

切なくて、苦しくて。
そして美しい。

ストレート、バイセクシャル、レズビアン、色々な世界がある。
エマは立場が確立しているけれども、アデルは揺らいでたり自分というものも距離感とか色々掴みきれていないような感じがした。

大人なエマに取り残されてしまったようで。

ラスト、アデルの胸の内を思うと私の心まで潰れてしまいそうでとても苦しかったし、辛かった。
青いワンピースを纏ったアデルと金髪のエマ。
最初とは対比するような二人の容姿が切ない。
すれ違いを表してるよう。



エマの青髪が頭から離れない。
エマ役 レア・セドゥに恋しそうになる映画。
アデルは等身大のフランスの高校生って感じ。髪をお団子にしてボサッとさせる感じがリアル。低い声で気だるそうな感じも。
HRK

HRKの感想・評価

4.0
恋愛映画でないところ。
>|