アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家…

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家になったエマのモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが、エマが絵の披露をかねて友人たちを招いたパーティの後、急に彼女の態度が変わってしまう。淋しさに耐えかねたアデルは、愚かな行動に出てしまうのだが──。

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

エマといるとき以外のアデルはどこか抜け殻みたいに見える。
そんなアデルの佇まいが良い。

プロットだけ追えば取るに足らない話になりかねないものなのに、役者の力で体温が伝わってくる作品になっているように感じた。
また人間の弱さやみっともなさからも逃げずに、感情を丁寧にすくいあげていく姿勢も好きだった。

作品の中で友人たちにアデルがエマのことを問い詰められるシーンや、昔ながらの考え方を持つ両親とのシーンをみて胸が痛んだ。

自分は当事者でないのでセクシャルマイノリティの気持ちは本当の意味でわからないけど、もし自分の子供や友人が当事者だったら支えてあげたいと思う。
誰かを愛することに間違いなどあるはずがない。

そして、これは同性愛を扱った作品だけど、それ以前にとても普遍的な愛の物語だと思った。
誰しも少なからず持っている、ずっと心の奥にしまっておきたい人生の一部を見た気がした。
AKIRA

AKIRAの感想・評価

4.2
レズビアンがテーマだからとっつきにくいのかと思いきや、二人に感情移入しまくりで愛しさ、哀しさで気持ちが揺さぶられた( ゚д゚)
りほこ

りほこの感想・評価

5.0
哲学的で、感情的で、芸術的で、神秘的で美しい、性描写、
すごく好み。

エマは理性的に芸術を捉えるけど、"好み"で人と付き合う。
気ままそうに見えて、実はアデルよりもずっと冷静に物事を捉えているんだろうなぁ。

エマの髪が青い時、2人は惹かれあってて綺麗な光の中にいたの
でもエマの髪が茶髪に戻って、アデルも大人になって、彼女たちの関係は崩れ始める。

2人だけの世界じゃないから、
自分の大切な人に幸せでいてほしいって、
息苦しくなっちゃう。
青いドレスに現れるアデルの気持ちがすごく切ない。


他のレズビアンものより権利を主張するものではなくて、ただ豊かに生きようとするのが素敵
ずしーーーーーーーってくる
評価が高くてみたけど、確かにこれはすごい
レズビアンの2人の超リアルな恋愛映画
レズビアンってことを感じさせない。表情とか涙とかが全部本物。
そして結構多めの性的なシーンも全く嫌な感じがしない。全てがリアル。

青髪のエマが綺麗すぎる。
特に最初のレズビアンのバーにいる時のエマがほんとにイケメン。

レアセドゥで画像検索したら、今度はまったく逆の超絶美人が出てきて速攻保存しました。

映像も綺麗で、内容も素敵な映画でした。
Saya

Sayaの感想・評価

4.0
終始美しい〜
レアセドゥの表情に引き込まれるし、レズだけど何の違和感もなくその世界観を楽しめた。
出会い方すごく好きだけど、ロマンチックな出会いほど続かないんだなと思った。

ずっと観たかったから3時間観れて満足!
◽︎一言で
「生き方は選べる、出会いは選べない」

◽︎こんな人にお勧め
いつもと違う映画が観たいなという人
ドキュメンタリーっぽい映画が好きな人

◽︎感想
▪︎ストーリー
同性愛の二人が主人公のラブストーリー。二人はとても対照的に描かれていた。エマが画家という設定は、二人のセックスシーンに美しさを与える為なのかなとも思ってしまった。
生き方 についても考えさせられる。二人は生き方も対照的だった。私はエマの生き方が好きだった
二人が出会う瞬間のシーンは印象的だった。

▪︎その他
すごく印象的だったのは、カメラワークと音楽。
アデルの視線を横から追いかけるような撮り方。
台詞がない部分の方がむしろ引き込まれる。アデルの表情の微妙な変化に観ている側の心も動く。本当に凄いと思った。
そして、この映画は殆どBGMがない。音があるとすれば、それは物語の中に流れている音楽。だからこそドキュメンタリーを観ているような感覚だった。
とても良かった。
ゲイ作品はあまり好きではないけれど、レズの作品ってキャロルもだけれどすごくキレイな映像になってる。
レアセドゥがまじでイケメンであれは惚れる。2人のシーンはすごくドキドキした。
ah

ahの感想・評価

-
😐んー
青い髪しか残らず
すまん
オタ

オタの感想・評価

-
アデルの泣き顔、息、鼻水、涙…
すべて本物過ぎて 観入ってしまう。
>|