アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家…

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家になったエマのモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが、エマが絵の披露をかねて友人たちを招いたパーティの後、急に彼女の態度が変わってしまう。淋しさに耐えかねたアデルは、愚かな行動に出てしまうのだが──。

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

machida

machidaの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

エマといるとき以外のアデルはどこか抜け殻みたいに見える。
そんなアデルの佇まいが良い。

プロットだけ追えば取るに足らない話になりかねないものなのに、役者の力で体温が伝わってくる作品になっているように感じた。
また人間の弱さやみっともなさからも逃げずに、感情を丁寧にすくいあげていく姿勢も好きだった。

作品の中で友人たちにアデルがエマのことを問い詰められるシーンや、昔ながらの考え方を持つ両親とのシーンをみて胸が痛んだ。

自分は当事者でないのでセクシャルマイノリティの気持ちは本当の意味でわからないけど、もし自分の子供や友人が当事者だったら支えてあげたいと思う。
誰かを愛することに間違いなどあるはずがない。

そして、これは同性愛を扱った作品だけど、それ以前にとても普遍的な愛の物語だと思った。
誰しも少なからず持っている、ずっと心の奥にしまっておきたい人生の一部を見た気がした。
上旬

上旬の感想・評価

4.0
ハリウッド映画とはまた違うラブストーリー。LGBT映画という言い方が嫌いなのだが、普遍的な恋愛映画になっている。極めてリアル。失恋したときってこういう感じだよねっておもう。終わってからレアセドゥだと気づいた。長いけどとてもよかった。
Kasumi

Kasumiの感想・評価

4.5
同性愛が軸にはあるけど、それ以上に強い愛情と情熱を扱ったすごくしっかりしたストーリーの作品だった。フランスの教育コンテンツすごい。バカロレアとかやっているだけあって高校生が日常会話で文学の読み方を語ったり、芸術の定義について議論したり、サルトルの実存主義が基礎知識として語られたり、いやあさすがだ。表面的でなくて、知性と感性からくる人間の美しさを性別を超えた愛情に結びつけていて、良すぎて、一瞬で見終わったように感じた。
fampia

fampiaの感想・評価

4.0

同性愛がベースだけれど、極めて普遍的な「愛」を丁寧に描いていて、真っ直ぐに届いた。

前評判で激しい描写などの話題が先行していたけれど、変な気持ち悪さは全くなかったし(結構長尺にも関わらず不思議なくらい)、それでいて主人公の常に満たされない日常みたいなものを浮き彫りにするあたりは、監督の演出力なのか。

出会って恋をして距離が縮まって、どんどん関係性が濃くなっていき、それと同時にズレが生まれたり求めることが変化したり。同性愛だろうと異性愛だろうと変わらないし、「人間」の姿なのだと思う。
藏人

藏人の感想・評価

-
いつぶりか
soir

soirの感想・評価

-
うまく感想がいえない
長い!最後なんか腑に落ちないしあんま
まとまりが無かったように思う。でも序盤は結構良かったかな!ティーンネイジャーらしい戸惑いとかの描写が!
Ayk

Aykの感想・評価

3.9
記録
hk

hkの感想・評価

4.0
エマとの出会いのシーン、身震いするした。エマが去って行く後ろ姿と髪の色、音楽全てが、格好いい。
エマ格好いい映画。

石膏のお尻、女体の膨らみは、女性をも惹きつける。

体のアップ、顔のアップ、細部が美しく光る。キスの間から夕日が差し込む。
前半はとにかく美しい。

カメラワークの緩急もいい。
>|