アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家…

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家になったエマのモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが、エマが絵の披露をかねて友人たちを招いたパーティの後、急に彼女の態度が変わってしまう。淋しさに耐えかねたアデルは、愚かな行動に出てしまうのだが──。

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

エマといるとき以外のアデルはどこか抜け殻みたいに見える。
そんなアデルの佇まいが良い。

プロットだけ追えば取るに足らない話になりかねないものなのに、役者の力で体温が伝わってくる作品になっているように感じた。
また人間の弱さやみっともなさからも逃げずに、感情を丁寧にすくいあげていく姿勢も好きだった。

作品の中で友人たちにアデルがエマのことを問い詰められるシーンや、昔ながらの考え方を持つ両親とのシーンをみて胸が痛んだ。

自分は当事者でないのでセクシャルマイノリティの気持ちは本当の意味でわからないけど、もし自分の子供や友人が当事者だったら支えてあげたいと思う。
誰かを愛することに間違いなどあるはずがない。

そして、これは同性愛を扱った作品だけど、それ以前にとても普遍的な愛の物語だと思った。
誰しも少なからず持っている、ずっと心の奥にしまっておきたい人生の一部を見た気がした。
Chip

Chipの感想・評価

2.8
フランス映画らしい、不思議な間のある映画。2人の女性同士の恋愛。綺麗だけれど少し退屈。ほとんどのシーンがアドリブらしい。
しちみ

しちみの感想・評価

4.3
レビューしようしようと後回しにしすぎて鮮明にレビューを掛けなくなってしまったので記録として(^_^;)
ひろ

ひろの感想・評価

3.6
監督・脚本・製作をアブデラティフ・ケシシュが務めて製作された2013年のフランス映画

第66回カンヌ国際映画祭においてパルム・ドールを受賞した作品

イケメンと付き合っても浮かない気持ちのアデル、そんなアデルが偶然出会った青い髪の女性エマに一目惚れしてしまう…

LGBTを描いた作品がパルム・ドールを受賞しただけでもすごいことだけど、アデルを演じたアデル・エグザルホプロスとエマを演じたレア・セドゥの女優2人が史上初で俳優なのにパルム・ドールを2人共受賞という快挙を成し遂げた

女の子が女の子に恋をするっていう恋愛映画ではあるが、アデルがアイデンティティを模索したりする人間を描いた作品でもある
フランス映画は音楽をほとんど使わなかったり、長回しが多かったり、アメリカの映画とは個性がだいぶ異なる
映画というエンターテイメントを撮っているアメリカ映画と違って、人間や人生の哲学を描く文学と言っていいのがフランス映画だ

フランス映画でLGBTがテーマの映画ってあんまり記憶にないけど、この儚くて切ない愛の映画はカンヌの最高賞を受賞しただけあって記憶に残る作品になった

エンターテイメント性はアメリカ映画には勝てないかもしれないが、テーマを深掘りして真理を描くのはフランス映画が一枚上手かな
印象的に青色を使っているのもよかったのに、日本ではR18指定になっちゃった作品だからもったいない。とりあえず見るべきだ
7e3

7e3の感想・評価

-
エマもアデルもとっても魅力的でセクシーで、引き込まれていく
どっちの感じもわかるし、言い合うシーンはつらさしか。。
全体意外と長いけど、長さを感じさせないし、どんなシーンも辛いシーンもとことん見せてくる。レズビアンとか関係なしにこういう物語はいろんなところにあるのだなと思うとみんな、よく乗り越えていっているなと思うよ

高校の同級生といるときのなんか居心地の悪さみたいな人間関係あるよな〜〜
miho

mihoの感想・評価

3.8
苦くて、切なくて、どうしようもない愛。
分かったことは、アデルも、エマも、
愛する対象が男性じゃないだけで
ごく普通の恋する女の子だってこと。

綺麗な部分だけじゃなく、
汚い部分もさらけ出せてこそ、愛。
その全てが詰まった、濃密な3時間。

何日もかけて、大事に大事に観ました♡
いくみ

いくみの感想・評価

5.0
エマが綺麗すぎて観ててどきどきするほど!好きな青がちりばめられた3時間
夢を応援されるだけの関係は少し負担、お互いが成長し続けなければならないのは、レズビアンもストレートも恋愛においての差はない
失って気づくには遅すぎる幸せ、私も大事にしなくちゃと思った
Coka

Cokaの感想・評価

-
アデル魅力的やった。長かったけどよかった。
mariiiiin

mariiiiinの感想・評価

3.2
エマとアデルの美しくも儚い
ラブストーリー。

同性愛をテーマにしている作品は
くまなくチェックしてしまいます。
この作品もすぐに見ました。

個人的にはハッピーエンドで終わって
ほしかったのですが、やはり女の子同士の恋愛はうまくいかないことが多い。

後半アデルが葛藤に苦しむ姿がリアルで痛々しかった。
切なさが胸に刺さりました。

映像が美しいフランス映画です。

ミステリアスなエマは魅力的で
心を奪われてしまいそうになる、

同性愛の作品は近年多くなっているように思いますが、理解者が増えてきているという、良い社会風潮のように思います。
>|