アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家…

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家になったエマのモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが、エマが絵の披露をかねて友人たちを招いたパーティの後、急に彼女の態度が変わってしまう。淋しさに耐えかねたアデルは、愚かな行動に出てしまうのだが──。

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

藤瀬

藤瀬の感想・評価

-
アデルがなかなかのクズ
果

果の感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

なっげぇなぁ、、と思って見てたら3時間もあった。

フランスの文化ってこんな感じなんだ、デモパレードとか結構身近なんだなーと思う。

セックスシーンがかなりリアルで、見応えがあった。
hiro

hiroの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

青がとても印象に残る
ところどころに青が散りばめられてて、見終わったあとに考えると意味がわかって勘当する

少し長いけど観るべき映画だと思った

それにしても、どんな相手にせよ寂しいからって他の人と寝てはダメでしょう…
えら

えらの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

リアルだったなあ、
同性の友達とキスしてからのアデルの生き生きとし始めた様子は見てて引き込まれた
ゲイバーで、エマを見つめるアデルの表情よかったな

エマとリーズが親密で2人の芸術の世界には入れなかったアデルを見るのは苦しかった
とうとうエマがリーズの家で共同制作の為に泊まり出した時の嫉妬と寂しさが爆発してクラブに行くシーンはなんとなく共感しちゃった

でもその行為で、何しても関係が戻らない結末は色んな意味で心に残った
打ちひしがれて涙を溢す姿が痛くて苦しかった。埋まりようもないということ。
終始所在なさげに歩く主人公の、染まらない在り方が良かった。
同性愛であるとこ以外、普通のありがちな恋愛模様だと思った。でも、普通の恋愛映画では終わりまで描くことがないから、新鮮だったのかも。最後にアデルが着てたブルーの服が印象的だった。
エマの妖気的な流し目よ…
Natsumi

Natsumiの感想・評価

3.2
3時間はちょっと長くて、前半の途中で一回寝てしまった。
エマのブルーが恋しい
nakool

nakoolの感想・評価

4.2
青色と視線が印象的
2人の一目惚れのシーンを巻き返して二回みた。
アデルの半開きの口、パスタ。
早川

早川の感想・評価

3.5
綺麗な映画だった
>|