アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

Riho

Rihoの感想・評価

3.7
レアセドゥの流し目やばいね
2人が出会うシーンで私もゾクゾクしちゃった。

何気ない日常で、別にレズビアンじゃなくても、人間だったら共感できる部分がたくさんあって、すごい素敵な映画。


お腹すいてる時に見たのは間違いだった。
みんな観るときはボロネーゼを用意してね
なっがいなぁって思いながら見てたけど
まぁとにかく美しさは凄い

フランス映画特有の謎な時間が多くて
退屈と感じざるを得なかった

でもあの時間があるからこそ
一旦冷静になってこの2人が感じている感情を見つめ直すことができるのかもしれない
とも思う…

なんか見終わった後はあー終わったぁって感じだったけど1.2日間たつと
あれ?なんか実はめちゃくちゃ良かったんじゃないか?と思う作品
なんだか、レディーバードと似てる?
女の子の複雑な表現がよくでていたと思います
こたつ

こたつの感想・評価

3.5
個人の興味やインテリっぷりや両親の考え方まで正反対な二人。だからこそ惹かれるのかもしれないけど、やっぱり疎外感というか寂しさは感じちゃうよね。
寂しくなってしまう気持ちも分かるし、愛している気持ちも分かる。
信用して愛し続けなければ報われないな。
nazuki

nazukiの感想・評価

3.5
食べ方は汚いくせにボロネーゼが食べたくなる。
フランス映画の人間描写の映し方が好き。
映画の好みは分かれやすい。
ボリ

ボリの感想・評価

3.9
変な髪色の女の人はかっこいい
yuna

yunaの感想・評価

3.6
恋愛に性別も年齢も関係ない。 そんな
美しく綺麗な映画でした。
ピコ

ピコの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

丸っこいやつ叩いてポワンポワンした音出すやつ、イギリスのヨークでもやってる人いたわ あれなんて言うんだろ

外面的にも内面的にも物凄くリアルで、直感的なものを凄くストレートに描いてるなって印象。長い会話シーンとか部屋に帰ってただ1人で声も上げずに泣くところとか。食欲と性欲って似てるのかなって思った

セドゥもアデルも美しい
アデルの表情と色々な場面での涙が物凄く印象的。だんだん大人びてくるけど、それでもどこか幼さが残るのは顔立ちなのかお芝居なのか。髪の扱いや寝方が変わらない。そしてまつげ。
エマの髪が青じゃなくなっても、瞳の青とか色々な青が際立ってて英題や邦題の意味を感じる〜〜
>|