アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家…

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家になったエマのモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが、エマが絵の披露をかねて友人たちを招いたパーティの後、急に彼女の態度が変わってしまう。淋しさに耐えかねたアデルは、愚かな行動に出てしまうのだが──。

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

Shoko

Shokoの感想・評価

2.5
有名な賞の受賞作だから観た。
登場人物たちの視線の動きとか、レズビアン同士のセックスの描写とか、一つひとつのシーンに目が離せない要素があり、強烈な印象を受けた。
ナポリタン(かな?)スパゲティ食べたくなるし恋人とあんなセックスしたくなる。
主演の子の終始口が半開きな表情には参ったけどね。あと外せないシーンばかりなのもわかるんだけど3時間は長かったかな。
makico

makicoの感想・評価

5.0
アデルが堪らなく魅力的。声を押し殺した剥き出しの性は痺れる程に婀娜やかだった。
運命的に惹かれ合うアデルとエマの心情が綿密に描かれていて、感情移入が止まらない。フリーダイビングさながら青の深みへと潜り込んでいってしまう。
美しい2人、美しい街、情景、会話、湿度、全てが最高で、だからこそ、徹底的に突きつけられる戻れない関係の描写には胸がえぐられた。
何かの器具が入ってきて心を掻き回された様な痛みというのは、完全に消えることはないのかもしれない。だとしても、正直な自分で生きたいと思った。そのくらい美しかった。そんな作品。出会えてよかった。
krewksy

krewksyの感想・評価

4.0
レア・セドゥ見たさに。
あの表情、あの目が本当に好き
同性愛の映画はあまり入り込めないことが多いけれど ボロボロ泣いてしまった
映画館で観れてよかった
顔近っ、尻近っ、皮膚近いって!

ボヤけた背景に、画面のほとんどを占める顔。それもたまにではなくかなり長い時間顔ばかり。肌の質感が嫌に伝わってくるほど顔の印象が強い。

特に主人公アデルの表情を一つも逃さずに映してくるので、良くも悪くも彼女を無視できない映画。

個人的には、彼女の行動に納得ができなかったのであまり共感はできなかった。
彼女の感情と自分が離れていくほどに画面いっぱいの彼女の顔がどんどんくどくなってくる。

逆に言えば彼女に共感さえすればこの映画に深く潜り込んでしまうだろう。

まあそれにしてもセックスが多いな。10分に一回くらいってピンク映画の規定かと思った。接写が多い分、セックスもかなり印象強く頭に残る。お洒落な台詞で愛を伝えるよりも愛情がしっかり伝わる濡れ場だった。そこがこの映画の良いところだと思った。

お互いを本能のままに求め合うことに美しさすら感じさせるこの作品は、感受性の豊かさと美的センスの絶妙なバランスでできている。

ただ一つだけどうしても言いたい。
カフェで何してんの?
nanaho

nanahoの感想・評価

4.0
憧れの映画をスクリーンで観れた。

2人の関係がこじれた後は、2人がお互いをどう思ってたか、特にエマ側はわからなくて、掴み損ねたけれど、

誰でも、ある誰かのことがとてつもなく好きになっちゃって、どうしようもなくなっちゃうんだ、それは性別なんか関係なくて、レズとかゲイとかバイというカテゴリーすら必要なくて、ただ、自分以外のとてつもなく好きになっちゃった相手が恋人になるだけなんだと思った。

それがいわゆる友情だろうが愛情だろうが、どっちに分類されようが、性別が同じだろうが、人を好きなことに変わりはないんだろうな。
2018-9
傲慢かもしれないが、自分はアデルと似てるところあるかもと思ったら苦しくなった
細かく解説してしまうのが嫌だとか
みぃ

みぃの感想・評価

3.8
恋愛の楽しさと苦しさをじっくり、ひしひしと感じる映画。

アデルとエマそれぞれの環境や性格、生き方すべてが対照的で、だからこそ辛い時に生まれるどうしようもなさが痛いほど伝わってきます。
アデルもエマも美しすぎる。アデルの演技が自然すぎる。あーパスタのシーン、海のシーンすきー。アデルが物書きをはじめてたらまた違う結末だったんだろうな
面白かった。

孤独が描かれていた。
主人公が孤独なのは本当にやりたい事を諦めてしまったからだと思った。
>|