アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家…

運命の相手は、ひと目でわかる──それは本当だった。高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心を奪われる。夢に見るほど彼女を追い求めていたその時、偶然バーでの再会を果たす。彼女の名はエマ、画家を志す美学生。アデルはエマのミステリアスな雰囲気と、豊かな知性と感性に魅了される。やがて初めて知った愛の歓びに、身も心も一途にのめり込んで行くアデル。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、画家になったエマのモデルをつとめながら彼女と暮らし、幸せな日々を送っていた。ところが、エマが絵の披露をかねて友人たちを招いたパーティの後、急に彼女の態度が変わってしまう。淋しさに耐えかねたアデルは、愚かな行動に出てしまうのだが──。

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

aoi

aoiの感想・評価

3.8
レア・セドゥにめちゃくちゃ惹かれた
oucem

oucemの感想・評価

4.1
好きな食べ物も将来の夢も価値観も異なっていたって、愛し合える
男とか女とか関係なくそれを継続していくことの難しさを痛感した
現実的にもよくある話
み

みの感想・評価

4.5
レアセドゥ美しすぎる…
これはもう好きにならずにはいられないです…ブルーがこんなにも似合う人がいるのか!
そして、ブルーがいろいろなところで効果的に使われていた事がよかったです。タイトルから「ブルー」が「熱い(あたたかい)」ってどういうことや?って思ったけど、ちゃんと色として効果的に使われていたのがよき。
あとは…
やっぱりレアセドゥ美しすぎる…

このレビューはネタバレを含みます

女同士の恋愛はよくわからないけど、これはエマが仕草も言動も惚れぼれするくらいの男で、アデルは若くて保守的な女の子中の女の子なので、よくある普遍的な恋愛話だと思う。
同性愛を感じさせるのは、友達や両親からの偏見と、あとは多分レンタル版ではカットされてしまったシーンなのかな。そこが重要だっただろうに。カットされたシーンを観ずしてこの映画を語っていいものか迷いますが、とりあえずの感想。
生々しく非常に丁寧。分かりやす過ぎじゃないかとドキドキするくらいの表情のオンパレード。
無造作な髪や鼻水、ナイフもなめちゃうし、何より鼻呼吸をしない!アデル。そんなとこが魅力的なのは若さゆえだということは否めません。
若さだけではいられなくなった時に浮気がなかったとしても、いずれエマは別れを切り出していたでしょう。
でもラストの後ろ姿は、アデルはこの経験を乗り越えて、また素敵な恋ができると感じられました。平凡でも安定志向でも、アデルはアデルでいいのです。
育った環境、パスタとカキの対比が興味深かったです。
maizo

maizoの感想・評価

4.5
大好きな映画
ちゃら

ちゃらの感想・評価

3.8
美しい。心に残るキレイな映画でした。
あ

あの感想・評価

2.9
人がまばらな映画館だったのにサラリーマン二人に挟まれて観賞したしょっぱい思いでがある。
Leo

Leoの感想・評価

4.0
今までに感じた事のない胸の高鳴り。

女性が女性に目を奪われる瞬間。

案外、日常に潜んでいるかもしれない。

ブルーしか持ち得ない引力がきっと在る。
hiroki

hirokiの感想・評価

4.1
レア・セドゥを見るつもりが主役のアデル・エグサルホプロスの演技にボロ泣きしたー
雰囲気にやられた
>|