アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

aoi

aoiの感想・評価

3.8
レア・セドゥにめちゃくちゃ惹かれた
男だろうが女だろうが皆好きにならざるを得ないだろうな、人間としての魅力で溢れていると言うか。
HAYfilm

HAYfilmの感想・評価

4.1
2人の目線、息づかい。

監督は女性ではないかと思ってしまった。
あつき

あつきの感想・評価

4.0
横断歩道ですれ違うシーンは私だって振り返るわ。
エマの色気が半端ない。瞳に吸い込まれていく3時間。
CrimeX0I

CrimeX0Iの感想・評価

4.0
非常に官能的な映画。

セリフのないカットにも時間が充分に使われているので描写を堪能できた。

180分の中で一人の女性の成長を描ききっている。主演をはじめ、自然体な演技のキャスト陣。ということも相まって、リアリティが極めて高い作品。
雪

雪の感想・評価

3.8
やっと観れた(。•ㅅ•。)♡

レア・セドゥ綺麗だなー♡♡
LGBTものは何観ても考えさせられるけど、胸張って言える時代が来ればいいのに…( p_q)
misano

misanoの感想・評価

3.8
髪ボサボサすぎ
うさぎ

うさぎの感想・評価

4.6
自分や相手を取り巻くいろんな要素からの劣等感や寂しさや苛立ちがアデルから伝わってだんだん共感してくる。レア・セドゥ綺麗。映画はどういう風に終わるんだろうと思ったが、このラストシーン最高だと思う。
hanselchan

hanselchanの感想・評価

4.3
表情で語る映画だった。そしてリアルで心に突き刺さる映画だった。
物語前半は、自身の性的指向に悩むティーンの女の子の姿が真摯に描かれていた。もしかしたら自分は同性が好きかもしれないと思い始めるけれど、周りには言えないし孤独で。。そもそも人を好きになるってどんな感じなのか、男女どちらが好きかもよく分からないから、取りあえずどちらも試してみる。。主人公アデルの苦悩はすごくリアルな姿だった。物語の中では彼女のその内面を、授業で取り扱う文学に重ね合わせて描いているのが印象的だった。
そして物語後半は、アデルとその恋人エマの関係性に焦点が当てられる。彼女たちの姿は、ストレートのカップルでも共感できる恋人同士のリアルな姿だ。そしてラストシーンのアデルの姿がまた印象的だった。
LGBTであるが故に感じるアデルの孤独感や苦悩、また周りの人からの偏見やアウティング。そんななか出逢った初恋の相手エマとのかけがえない時間。プライドパレードで見せたアデルの開放的な表情。どれもこれもが心に残った。
昨今、LGBTの認知度が上がってきたものの、支援団体の活動が逆にヘイトを生み出してしまうこともあると思う。だからこそ映画を通して、自然な形でLGBTを知ることってすごく意味があることだと思う。それに、映画は誰かの人生さえ変えてしまうほどの影響力を持っていると思う。もし、自分のアイデンティティや性的指向に悩むティーンが居たら、本作をぜひ見てほしい。悩んでるのは絶対にひとりではないし、LGBTであることは恥ずかしいことではないって気付けるから。
本作はその性描写の激しさから、そればかりがフォーカスされがちなのがもったいない。(レンタル版だとかなりカットされてしまっているので、それほど過激ではないです)アデルを演じたアデル・エグザルホプロスも、エマを演じたレア・セドゥも、本当に素晴らしい存在感だった。ふたりは表情で演技していた。それに、ブルーを基調とした映像も芸術的で惹き込まれた。まるでドキュメンタリーのようにリアルだけど、幻想的で芸術的な作品。心を打たれた。
#2018秋18作目
>|