アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価・動画配信

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

La vie d'Adèle/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

どんどん人と関係性が変わっていく様を眺めているのは寂しい…ほんとに寂しかった。
そして2人が美しかった…ほんとに美しかった。
文

文の感想・評価

-
ボロネーゼが食べたくなった
E

Eの感想・評価

3.5
3時間長かった…
さすがフランス映画、文学やら芸術やら哲学やら、議論するのが好きな国民性なのか、台詞がたまに難しく置いてけぼりにされた感じがあった。

ただ、レズビアンのラブシーンは長いからこそ、リアルだろうなと思った。

まさかエマの青い髪が金髪になることが、2人の心のすれ違いを表現していたかと思うと、さすがとしか言いようがない。
ラストでは、アデルは鮮やかなブルーのワンピースを着ていることも、なんらかの象徴だったんだろうか。

とにかく、2人が愛し合い続けるには、社会の目とお互いの人生観、職業の「タイプ」それぞれが影響し合い、一生忘れられない恋愛「だった」のだろう。
記録

記録の感想・評価

4.8
辛い。ハッピーエンドが全てじゃないんだ.映画って

このレビューはネタバレを含みます

なんと言えばいいだろう、
観終わってしばらく余韻で動けなかった。

人生に偶然はない
女性同士の恋愛を描いた作品だけど、性別は関係なくどんな関係性にも起こりうる話。
終盤のカフェシーン、生涯忘れないと涙を流しながら言うエマと泣きじゃくるアデル
できるなら時間を巻き戻したいけど、やってしまったことは戻らない、もうあの頃には戻れない、どうしようもない後悔、そういうことあるよなと、、大切な人を失う辛さが痛々しく伝わってきた。

アデルの寝顔とボロネーゼを食べるシーンが何度も出てきて印象的だったけど、色んな解説をみてそういうことかと納得。


レアセドゥが美しすぎて。
目線の運ばせ方やアデルに向ける表情が、すごい。こっちまでどきっとする。
あどけなさが残るアデルの表情も印象的。

色彩の表現も美しかった。

忘れられない作品になる。

BGMがない映画
全てを晒してる演技。すんごい
翻訳の言葉が美しい
みなみ

みなみの感想・評価

3.5
過激なところは観れなかったけど、、
泣いた。。。
こうなる運命だと思うと悲しすぎる。。
大人の事情というか環境というか、、
もっと素直に生きていけたらね、、
ふか子

ふか子の感想・評価

3.5
女の子の恋心、しんどい
お行儀悪くパスタ食べる姿すき
>|