アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価・動画配信

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

La vie d'Adèle/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

JOKER

JOKERの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

思った以上に苦しい映画だった。
アデルとエマの表情がとても魅力的。エマの青髪、青い海、青いドレス。
お互いの価値観の違いがだんだんと描かれていくのが苦しかった。青髪じゃなくなったシーン、お互いの家族のシーンは印象的。
アデルの笑顔と泣き顔、ゆるい口元、エマの笑顔、じっとりと見つめる目が忘れられない。
モザイクなかった!加点します。
女同士とか関係ない純愛だった。運命的な出会い、年齢も家庭環境も仕事も違うふたり。周りに知られたくない、知られても平気、ちょっとしたすれ違い、寂しさからの過ち、嫉妬、謝罪、涙…
心はお互いを求めてるのを知りすぎているのに。
どのシーンも美しく、アートだった。
Sonya

Sonyaの感想・評価

3.8
いろんな面で感情移入して 泣いた
見る人によって大分捉え方変わる映画じゃないかなとは思う

見終わって速攻髪ボサボサでだんごした
あきの

あきのの感想・評価

4.0
忘れることが出来たら、こんな気持ちを味わうくらいならいっそ無かったことにできれば、どんなに楽だろう。
誰もがそういった身を焦がすような儚い経験を1度はするんじゃないだろうか。

アデルの無垢な色気が魅力的。

色だったり他の映画のワンシーンを用いた感情表現が斬新でとても印象的な映画だった。
のあ

のあの感想・評価

4.5
エマとすれ違った時と最後のスティールパン?の音が良かったな
アデルになんとなく共感してしまう
安定か夢を追うかとか、寂しさとか、誰とどう生きるかとか

赤と青がせめぎ合ってる様で綺麗
フランスの高校の文学すごいの扱っててさすがと思った(笑)
おもち

おもちの感想・評価

4.5
『マリアンヌの生涯』だとか、サルトルだとかが出てきて飽きなかった。同性愛の映画だと言われるけど、それよりも根源的なテーマは階級差な気がした。

愛の難しさが、レストランでの2人の会話に詰まってた。繊細で鋭利な映画だった。
hina

hinaの感想・評価

3.8
雰囲気が最高に素敵な作品。
パスタがめちゃくちゃ食べたくなった🍝

そして青色のエマの透明感とイケメン度が
すばらしい、、、

この作品の2人の主役はノーメイクで
アドリブ多かったそう、
監督のこだわりが凄く
2人とももう2度とこの監督の作品は
出たくないというまで笑

“青” 色でアデルとエマの関係を
表現する部分が多々あって、
面白かった。

フランス映画独特の雰囲気
日本では絶対に放映できないようなシーンも
沢山あってリアルすぎる故に少し飛ばしてしまう
部分もあったなぁ…
Chihiro

Chihiroの感想・評価

4.0
口数が少なく、表情で魅せるアデルという人間。
思春期の複雑さをすごくうまく表現されている。
自分で自分が分からず、やっと見つけたかと思えば突き放される。
トマを好きになれない自分、変な夢を見た自分を何か欠けていると感じでしまう。

恋は性の垣根を超える

人生に偶然はない

気になった感情に任せて、ふらふらと想いのままに歩くのも心のままに生きていて良い。そういう時に自分のビビッとくる出会いがあったりする。

惹かれあう2人
初めてすれ違って、その人の夢を見る。なんて事ない夢でも、何故かそれが頭から離れない。寝る前に違うことを考えていても、その人が夢に出てくる。
深層心理は恐ろしい。

気付いてる自分と認めたくない自分。だけど抗えない気持ち。
嘘をついて隠す自分。本能でぶつかってくる気持ち。

時が経っても、死ぬまで想いを抱き続ける。だけど一緒にはいられない。その人との先はない。
観ていて自分をいつのまにか重ねてしまって、すごくすごく辛くなった。
chaooon

chaooonの感想・評価

3.5
青髪のレア・セドゥが同性愛者を演じるってことと、何かと話題になってる作品ということで、ずっと観たかったやつ💙

飾らないありのままの魅力、キレイゴトのないリアル感、それがこの映画や主人公アデルの美点なんだと思うんだけど…うーん。

レア・セドゥ演じるエマは、自分のやりたいことも、自分が欲しっているもの理解していて、自信に満ち溢れて魅力的💙
白い肌に、青い髪、青い瞳の美しさも際立っていて、中性的な美しさにひたすら見惚れる…😍💙

2人のベッドシーンの絡みは、かなり過激🤭💕
そして長い!じっくり、ねっとりご披露して下さいます✨
かなりどエロいけれど、美しく情熱的🔥

そんな彼女に惹かれていく高校生のアデル。
エマとは対極的に自分の性嗜好も、自分自身についても、手探り状態。
エマとの蜜月を過ごし満たされていくけれど、次第に迷いや焦燥感で、エマとの関係にズレが生じていく…。

このアデルへ…序盤から正直好感が持てず…なんとな〜く気に入らないまま、観続ける3時間は結構キツかった…
個人的な好みかもしれないけど、全然魅力を感じず…

終盤の愛を訴える姿も、切ないとか共感よりも、いやいや自分の行いが招いたことだろが…と🙄
彼女が言葉を発するたびに冷めてしまいまして…あぁもう悪口しか思い浮かばない😂
私の心に黒い感情が…💀

だからあのラストシーンは好きかな🤔
エマは終始素敵💙

あと、クラスメイトが同性愛に対して凄く攻撃的に詰め寄る描写も…あれがフランスの実情なのかしら…💦
同性愛の立場が厳しいこととか、あとあとのアデルの行動の基盤になる部分として描いているのかもしれないけど、なんか嫌悪感がきつい😂

人は弱くて、間違いを犯すものだし、その痛みから成長していくもの。
誤った選択をする事で、自分の本当の望みがわかるって事だってある。

特に性の在り方について、迷いや不安を抱える彼女たちの苦悩は、私には到底わかり得ないことなんだろう…
と自分を納得させます……🙄

そしてパスタの食べ方汚いなぁ…🍝

皆さんのレビュー読むと、食べるシーンとかアデルとかに結構好意的な意見が多いので、ハマる人にはやっぱりハマる映画みたいね。

こんだけモヤモヤするってことは、ある意味物語に感情移入して入り込んだってことかもしれない🤔
SHO

SHOの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

青色のテーマカラーが色んなシーンで目に付く
普遍と芸術の対比もされてるけどフランスでもある話なのか
>|