アデル、ブルーは熱い色の作品情報・感想・評価

アデル、ブルーは熱い色2013年製作の映画)

LA VIE D'ADELE/Blue is the Warmest Color

上映日:2014年04月05日

製作国:

上映時間:179分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「アデル、ブルーは熱い色」に投稿された感想・評価

記録

スピルバーグ絶賛。
僕は、、、う〜ん。
[日本語は下]
Quand Adele qu'est l'actrice principale était l'étudiente du lycée, elle avait le conflit psychique pour son amour charnel mais ce film a décrit la relations sentimentales général en totalité.

Si une personne a la minorité de sexuel, les sentiments, par example le amour, la colére, sont le même.
Essentiellement, c'est le nature mais le monde ont le préjuge sur la réalité.

Le mouvements de caméra dans la fête qu'est l'occasion de la séparation et pendant l'exposition de Émma ont décrit facilement le fossé entre leur.

Je pense qu'elles vont rompre un jour si elles ont habité de continuer.

C'est beau film.

高校時代のアデルのLGBTとしての性的嗜好への葛藤など、苦悩する場面も無いわけではないけれど、描かれている恋愛模様は普遍的なもの。

性的嗜好が違えど人が人を愛したり、裏切りに怒ったりするのは同じなんだという、本来当たり前なのに偏見を持たれることを描いているように思った。

二人の気持ちが離れるきっかけになるパーティでのカメラワークや、ラストの展示会で結局芸術的なインテリジェンスを理解できなかったアデルの立ち振る舞いなんかが、エマとの隔たりを分かりやすく表現しており、あの時でなくてもどこかで終わってしまうものだったんじゃないかと思う。美しい映画でした。
o

oの感想・評価

-
良い、、、

このレビューはネタバレを含みます

レズビアンであり、自己実現から遠い仕事に就くことでコンプレックスを抱える中で、傷つき、悩み、葛藤し割り切っていく過程を、驚くほどに生々しく表現している。最後、パーティから帰るアデルは何を思っただろうか。葛藤を経てエマと出逢い、傷ついた果実として自分の幸せとは何かを見つめ直すことができる。そんな前向きなラストであってほしい。

エマのバーでの言葉。
「人生に偶然はない」

LGBTが普通になってきた一方で未だに言えない社会の空気みたいなものも上手く表現されてる。
3時間と長かったけど、
感情がとてもリアルに描かれた作品で
面白かった。

あとさすがヨーロッパ映画、エロティカがすごかった。
Kei

Keiの感想・評価

4.2
だいたい、映画の中での授業シーンっていうのは映画そのものの主題に触れていることが多いのかなと思いますが、冒頭からまんま授業とリンクしてましたね。
会話のシーンの描き方も非常に丁寧というか手持ちカメラであたかも自分もその会話の参加者になってしまうほどの臨場感で、この描写もまたフランス文学の授業の先生が事細かに分析する感じとリンクしているようないないような。
同性愛×学問×美しい自然という意味では、君の名前で僕を呼んでに似ているが終わり方はこちらの方が複雑で何とも言えない気持ちになりました。
>|