陽なたのアオシグレの作品情報・感想・評価

「陽なたのアオシグレ」に投稿された感想・評価

miyu

miyuの感想・評価

3.2
主人公の男の子が可愛い。
応援したくなる。

ひなたくんの妄想が凄い。
子供の想像力は無限大。


「元気でね」で涙腺グッときた。
素粒子

素粒子の感想・評価

3.3
宮沢賢治を読むしぐれちゃん。

諸々浅ましい
食パン

食パンの感想・評価

3.0
いつもしぐれちゃんで妄想してしまう男の子の青春映画。まあしっかりラッキースケベがあるし、小学生低学年版『ToLOVEる』ですね。スピッツとの関わりは後に『なつぞら』でも。作画が良い。
ストーリーは走り出してからの展開を作る為の舞台装置でしかない
カメラワークや浮遊する物体など、ペンギンハイウェイにも繋がるアニメのよさが詰まっている
AgentJ

AgentJの感想・評価

4.0
この短時間で『君の名は。』をみたくらいの満足度があった。
この監督はパンツのシーンが多いなぁ。
必要にあまり感じない、、

このレビューはネタバレを含みます

インターナショナルスクールに転校したってことは 外国人か ハーフだったのね、、

小学生の時の初恋を思い出した
あの時は好きな人にゲップかけられたり カンチョーされたり散々だったな
いち

いちの感想・評価

3.6
展開はさておきかわいいショートフィルムだった! やっぱ走るよなあ(安心感)
スピッツの『不思議』がどの様に使用されているのか気になり鑑賞。短編なのでぱぱっと観られた。

まず、内容は本当にベタなラブストーリー。何処かで聞いたことあるような展開で、正直私の心には響くものはなかった。加えて、下着のシーンも必要性が分からないというか...。ピュアで通したいのか否か、理解に苦しんだ。

ただ、後半のおそらく本作の山場であるシーンは少し観入った。ここで『不思議』が流れるのか!と、ファンからすると音楽だけでかなり心持っていかれるけれど、不思議とアニメーションとマッチしていてドラマチックではあった。躍動感のある回り込みカメラワークや、スピードや空の広大さを感じさせる演出は観ていて清々しかった。鳥達がバァーと空を駆け抜けていくシーンは気分が上がった。
とはいえ、あまりこういう事は書きたくないけれど、スピッツの楽曲が起因してこのシーンを好意的に受け止めたのかもしれない...恐らく。その為、スコアは2.8。
>|