ゆう

嗤う分身のゆうのレビュー・感想・評価

嗤う分身(2013年製作の映画)
4.0
始めから異様な雰囲気、終始暗い。突然流れる日本の歌謡曲が異様な雰囲気に合ってた。
夢か現実か分からない感じや、時々どっちが主人公か分からなくなったり、シュールですごく不思議。

突然自分とそっくりな人間が現れてしかも何でも出来る人だったら、自信がないのに追い打ちだし怖いだろうなぁ…倒れたのも分かる笑
ピノキオの話や抑圧されてる感じには共感した。
特殊な人間でいたいっていう言葉に全て込められてる気がして、ハナとも分かり合えそうだったのに、ラストは切なかった。

この暗いシュールな雰囲気好き。