しば

嗤う分身のしばのレビュー・感想・評価

嗤う分身(2013年製作の映画)
3.1
オープニング、一瞬フィンチャーかと思ったけわ。画面の色合いとジェシーからね。

うむ。これは。"複製された男"に似た感じ。ドッペルゲンガーもの??

世界観がいろいろ異常。太陽の存在皆無だし、薄暗ーいしかなり閉鎖的な世界。時代もわからん。何の仕事かもよくわからん。加えて、なぜ昭和歌謡曲??
余韻の残る感じは好き。

えー、感想を一言でまとめると、
ミアワシコウスカに睨まれたい。

ただただ、それだけです。