馬々と人間たちの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「馬々と人間たち」に投稿された感想・評価

ダイナ

ダイナの感想・評価

3.1
お馬が走るよ、パカパカと♪
みたいな呑気な話かと思ったら
そうではなかった…

タイトル通り、人間と馬の
アイスランドでの生活を
ただ観ている感じ。
深いストーリーはない。

アイスランドの馬は足が短いので、
駆けてくる蹄の音が可愛い。
馬好きの人にオススメしたいけど
ただ悲しいシーンもあるので
オススメできるかどうかは…

ほんと、どうやって
撮影したんだろうって思える
場面がいっぱいあって驚く。
アイスランドの広大な風景も
映画の1つの魅力でした。
1つの村で起きた人と馬との出来事。ダイナミックな山場がある訳でも、ほのぼのしてる訳でもない。あるのは出来事のみ。馬の瞳が美しい。アイスランドの馬はずんぐりした小型なフォルムで毛が長くてかわいい。
kny

knyの感想・評価

4.0
こういうナチュラルな映画好き。
アイスランドは馬がこんなにも蔓延ってるとは…

小さな田舎のコミュニティの中でおこる、小さな事件が、くすっと笑えて、不思議で、展開も読めなくて面白い。

馬の目から始まる一つ一つのストーリー。ステキな切り返し方。
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📀✒️📑
馬好きには最高で最低。

最後に「この映画を撮るにあたって危害を加えられた馬はいません」と流れるのだけど、安堵とともにほんとどうやって撮ったんだろうと。

自然ならまぁ仕方ないけど、人間が生みだす馬への理不尽ってなんだかいやな感じ(⌍་д་⌌)わかりやすくストーリーがあるわけじゃないし、このおもしろさを言語化するのはむずかしい。残酷、皮肉がいける人にはハマる作品だと思います。

馬がヒモで縛られてずらっと横に並んで走ってるシーンが驚きだった。こんなのできるの⁉︎と。小島よしおのコジマリオネットを思い出しました。驚異のシンクロ率〜。
鑑賞記録
そういえばIceland Scapeで見た
100作目〜〜とか言ってズレた〜〜

アイスランド、まじ広大です
アイスランドに行く前に渋谷で鑑賞。
この映画のおかげでお馬さんに乗りました。雪がちらつく中のお馬さんとの散歩は楽しかった。

アイスランド馬は背が低くて、ほんとに揺れない。映画冒頭のブサイクな走り方はかなり理にかなったものだった。

この映画を見るに当たって予備知識として、雌馬が雄馬を誘い交尾をし、その誘い方が放尿だということは知っておいた方が良い。
お馬さんは女の方が誘うんだな。

アイスランドは人口が30万人くらいしかいない。人が住んでるところは僅かで、ほとんどが山、それも火山だからみんな近寄らない。だから自然が日本のそれとは違う。
寒いって言っても北関東と同じくらい。だけど、風が強い。温泉が癒してくれる。

人と馬というより、人も馬も営んでるってところがこの映画の良いところかなと思う。馬と人間がすごく対等。
オムニバスみたいに色んな人が出てくるし、よく人も馬も死ぬ。けど、色々あっても秋になれば放牧した馬たちを集めてまた冬がやってくるっていう営みが良い。

あと衝撃的なシーンが冒頭と最後の方に出ます。馬の交尾…あと馬との絶体絶命の時の「温まり方」なんだけど……臭そう。マネはしたくない。

「好きにならずにいられない」もそうだが、アイスランド映画って独特の雰囲気がある。

だん

だんの感想・評価

2.5
アイスランド映画には共通の雰囲気があるのね
>|