samurai_kung_fu

馬々と人間たちのsamurai_kung_fuのネタバレレビュー・内容・結末

馬々と人間たち(2013年製作の映画)
5.0

このレビューはネタバレを含みます

舞台劇「エクウス」でも、馬は「視線」として描かれているように、間近で見る馬の目は巨大でぎょろりと突きだして、人間よりも少し高い位置にある。
高級とされる馬革は薄く滑らかで、生きている馬の筋肉のオウトツに合わせ美しい陰影を映し、たびたび絵画や彫刻のモチーフにもなる。
「種馬」という言葉が精力絶倫な人間の男性を差すように、巨大な陰茎は畏怖としてとらえられている。
その一方で人間の移動手段として、娯楽として、農耕用の重機として、理不尽なまでの労働を課せられもする。
ラスト、追い立てられた野生の馬たちと人間が囲いの中で混然とうごめく様子は象徴的だ。防寒具を着た不恰好な人々が美しく躍動する馬を捕えるために、ひどく暴力的に振舞い、ときに跳ね除けられる。