ymd

インセプションのymdのレビュー・感想・評価

インセプション(2010年製作の映画)
4.0
久しぶりに再鑑賞。

ノーランってどうしてこうも複雑で大風呂敷なレトリックにしちゃうんだろう。
今作はそれが最も端的に出ていて、良くも悪くもノーランの代表作だと思う。

とりあえず発想を映像化する工程のユニークさは驚嘆するし、SFとしてもサスペンスとしてもヒューマンドラマとしてもアクションとしてもアピールできる振り幅も凄い。
トム・ハーディがほとんど1人でアクション引き受けてて笑ったけど。

たださ、ノーランって根本的にストーリーテリングがあんまり巧くないよね。
説明すべきところとしなくてもいいところの設計が下手というか、歪なせいで視聴者が余計な詮索とか見返しとかすることになる。

『フォロウィング』とか『メメント』なんかは意識したのかしてないのかは別にしてその弱点を逆手に取った手法で傑作となったものの…

でもラストはなかなか素敵。
ああいう委ね方はいいよ。あのキャッチーさをもうちょっと本編に織り込んでくれれば良かったんだけどなぁ。