Ryo

インセプションのRyoのレビュー・感想・評価

インセプション(2010年製作の映画)
4.3
うる星やつら2のようにこれは現実ではなく夢かもしれないと言う事を表しております。

映画からわかるように人の心理奥底まで入っていっても前に進めないぞというメッセージが込められてるそうです。あと、インセプションのように自分の夢だと思っていたら他の人の夢の脇役だったって事がある。現実でも人生の主役は自分ではないとか他人の世界だと思ってしまう怖い現象も起こる。

最後のラストシーンで見てるこちらがわがインセプションされていた事に気付く。

ラストシーンはノーラン的にはどっちかわからない、曖昧にさせるのが目的だったらしいですね。大事なのはコブがコマを最後まで確認しないとこだとか…