もことこ

インセプションのもことこのレビュー・感想・評価

インセプション(2010年製作の映画)
4.4
ターゲットの夢の中に侵入し、人の潜在意識から秘密を盗み取ることができるプロの企業スパイ、コブ。そんな彼に一つの依頼が届く。それは、潜在意識の奥深くにアイディアの種を植え付ける「インセプション」を実行して欲しいという、巨大企業の大物実業家サイトーからの依頼だった。夢の中の夢の中の、そのまた夢の中にある三重層の潜在意識に侵入するだけでなく、新しいアイディアを植え付けるという今まで不可能だとされてきた挑戦にコブは挑む。

見応えあるSFアクションの超傑作。
とにかく監督兼脚本のクリストファー・ノーランには脱帽だ。映画館の迫力満点な状態で見たかったとここまで後悔する映画もないかもしれない。

粗筋だけ読むとSF要素が強いのだが、実際はもっと薄い。というのも、夢の中に一旦入り込んでしまえばそこはロジックの世界なのだ。現実味のない話だけどしっかりと地に足がついている。しかもアクションとは言えど、血だらけのグロテスクなシーンがあるわけでもないので、普段ラブコメばっかり見ている人でも楽しめるはず。(実際に私でも大丈夫だった。笑)

今後この映画を鑑賞する予定の方へ。
色んな見方があるとは思うが、時間があるならば2回、時間がなければ粗筋を読み込んでから鑑賞することをおすすめする。話が複雑なので置いていかれることが多々ある。そして次に映画から絶対に目を離さないこと。目を離した隙にあっという間に話の展開を見失ってしまうので注意。話に追いついていけなくて挫折するのは勿体ないので、ぜひ根気強く見て欲しい。