ジュウモン

インセプションのジュウモンのレビュー・感想・評価

インセプション(2010年製作の映画)
4.4
他人の夢に潜り込み、アイデアを盗むことのできるコブ。 妻殺しの容疑で国際指名手配犯となった彼のもとに「インセプション」の依頼がかかる。

あまりに現実的な夢を見た後、夢の中での行動と現実とが混ざってしまって「おかしいな」と思ったことが数回ある。これだけ行ったり来たりしていたら頭が変になる。トーテムがなければ夢なのか現実なのか分からないなんてとても恐ろしい。
アイデアと映像がすごい作品だった。潜在意識によって作られた軍隊って、まるで白血球みたい。異物を探すところも似ている。
結果的に「インセプション」は皆を幸せにしたんじゃないだろうか。それがニセモノであることに気付かないんだからそれはホンモノになる。

ラストシーンがいちばんハラハラした。結果はわからなかったが、私はハッピーエンドだと思う。