せびたん

インセプションのせびたんのレビュー・感想・評価

インセプション(2010年製作の映画)
3.3
年末年始、投稿多めでお騒がせしております…

おもしろかったです。映像が楽しかったです。エッシャーのだまし絵をこういう形の実写で見るのって新鮮でした。映像技術が旬のうちに観たほうがいい映画なんで、タイミング的にぎり間に合ってよかったです。

役者さんも感じのいい人ばかりでしたね。
私の頭の中でファンファーレが鳴りまして、トム・ハーディとジョセフ・ゴードン・レヴィットを覚えました!(←レベル5くらい?)
エレン・ペイジはジェームズ・ガンの『スーパー』で覚えてたんで、出てきた瞬間『エレン・ペイジ?これエレン・ペイジ?だよね?』って頭の中でうるさいくらいでした。(←レベル2?)
刑事プリオはデフォで知ってました。笑

ボルヘスという作家の2つの短編(『円環の廃墟』と『隠れた奇跡』)にインスパイアされた映画とのことだったので、たまたまその本がうちの本棚に(なぜか2冊も…かなしいです…)あったのでこれ観終わった後に読んでみましたけど、どう影響を受けたのかまったく分かりませんでした。完璧に自分のものにした感じなのかもですね。
エメリッヒの『13F』を見たときには『円環の廃墟』を思い出しました。あちらは隠れた名作ですね。