yayuyo

インセプションのyayuyoのレビュー・感想・評価

インセプション(2010年製作の映画)
3.5
難解だという話をよく聞いていたので心の準備をしていたのと、
予め多層世界が舞台だと知っていたので、
特に途中でわからなくなる事もなく最後まで観れた。良かったー!
鑑賞後に見た解説を読む限り、迷子にならなかったっぽいので大丈夫かな…たぶん。
おそらく『マトリックス』に似た設定なんだろうと思うけど、私は『マトリックス』の内容をすっかり忘れているので、どちらかというとライナー・ヴェルナー・ファスビンダーの『あやつり糸の世界』を思い出したかな。

永遠に続く階段や折り曲がる街並みなどの視覚効果は観ていて本当に興奮させられるし、
記憶を植え付けるというテーマがある一方で、コブのモルに対する罪の意識や縛られた心の解放など、ヒューマンドラマとしての側面もあり、
作品の世界観にすっかりのめり込んで鑑賞していた。
ラストの解釈について色々考えるのも楽しい。
私はストレートに受け取りたいけど、まぁきっとどの解釈でもいい気がする。