kaito

インセプションのkaitoのレビュー・感想・評価

インセプション(2010年製作の映画)
4.0
『インセプション』

クリストファー・ノーランが監督・脚本を務めた映画。結論から述べてしまえば、非常に興味深い映画で楽しむことができた。

恐らく視覚的な演出面で言えば、ノーランの映画で最も面白かった映画であったと感じる。水に入ると夢の中でも水しぶきがあがったりと、夢と現実がリンクしているシーンがあって冒頭から映画に惹きこまれる。

と同時に結構、説明口調が多い映画でもあったと感じた。もちろん複雑な設定のため必要なことではあるんだけど、RPGのチュートリアルをやっているような感じがした。まあそこも視覚的には面白かったんだけどね。

他のノーラン作品に比べて、個人的には魅力的に感じる登場人物がいなかった。一番興味がそそられるはずのコブの物語も、そこまで入り込めなかったなあ。ジョセフもすごく魅力的なキャラだったけど、もっと彼を知れたらよかった。といってもコレが映画の良さを失っているわけでは全く無い。

観て損することは全くない映画だと思う。夢と現実を扱った独創性高い映画に仕上がってるし、おすすめはできる。ただ個人的には『メメント』や『プレステージ』のほうが好みだった。