僕はジャックの邪な心です

アクト・オブ・キリングの僕はジャックの邪な心ですのレビュー・感想・評価

アクト・オブ・キリング(2012年製作の映画)
4.0
この作品を観ていて思った事は、映画という物は現実に無い物を観る為にあり、インドネシアでの共産主義者100万人(農民、一般人含む無差別殺人)の大量虐殺事件を恥じる事なく誇らしげに語る共産党員狩りの一員アンワル・コンゴ氏を主軸にその時の再現を演じさせ、映画作りをして行く中で自然と現実から逃避している様に思えました、非難される筈の彼の非人道的行為は国民から英雄視され、アンワル氏自身も映画で自身が殺害した人物が魂となって「手にかけてくださりありがとう」と絞殺に用いたワイヤーの代わりにアンワル氏には金メダルが授与される、正しく彼の思う理想像、映画を通して今度は殺害される側の立ち位置でアンワル氏は演じる、そうすると彼は自分の演技を見て酔いしれる様に「殺された者の気持ちが分かる」と感慨深くなるというとんでもないナルシシズムである。
映画の撮影は終わり、再び訪れた処刑場で殺害された立場で自身が処刑される様を想像し何度も嘔吐する。
映画という”魔法”が消えた瞬間だと思えました、物語は彼らの大量虐殺の被害にあった側に移り変わり続編「ルック・オブ・サイレンス」にて、正義の復讐は果たされるのだろうか?