aiueo

アクト・オブ・キリングのaiueoのレビュー・感想・評価

アクト・オブ・キリング(2012年製作の映画)
-
屋上へのドアを開けるシーン。カメラが被写体の後ろからではなく、屋上側からなのが気になる。
彼が自分の罪に気づいた瞬間はもっと前で、監督はそれを撮影できてないんじゃないかと思う。ラストに微妙に作為性を感じる。
そうだとしてもすごい映画だと思うけど。