アクト・オブ・キリングの作品情報・感想・評価

アクト・オブ・キリング2012年製作の映画)

The Act of Killing

上映日:2014年04月12日

製作国:

上映時間:121分

3.7

あらすじ

「あなたの行った虐殺を、もう一度演じてみませんか?」 男は粋なスーツに身を包み陽気に微笑んでいる。 残虐なシーンのないこの映画が、しかし、私たちを最も慄然とさせる映画になった――― これが“悪の正体”なのか―――。60年代のインドネシアで密かに行われた100万人規模の大虐殺。その実行者たちは、驚くべきことに、いまも“国民的英雄”として楽しげに暮らしている。映画作家ジョシュア・オッペンハイマーは人…

「あなたの行った虐殺を、もう一度演じてみませんか?」 男は粋なスーツに身を包み陽気に微笑んでいる。 残虐なシーンのないこの映画が、しかし、私たちを最も慄然とさせる映画になった――― これが“悪の正体”なのか―――。60年代のインドネシアで密かに行われた100万人規模の大虐殺。その実行者たちは、驚くべきことに、いまも“国民的英雄”として楽しげに暮らしている。映画作家ジョシュア・オッペンハイマーは人権団体の依頼で虐殺の被害者を取材していたが、当局から被害者への接触を禁止され、対象を加害者に変更。彼らが嬉々として過去の行為を再現して見せたのをきっかけに、「では、あなたたち自身で、カメラの前で演じてみませんか」と持ちかけてみた。まるで映画スター気取りで、身振り手振りで殺人の様子を詳細に演じてみせる男たち。しかし、その再演は、彼らにある変化をもたらしていく…。

「アクト・オブ・キリング」に投稿された感想・評価

rio

rioの感想・評価

2.0
記録。
rienbow

rienbowの感想・評価

3.0
1965年、インドネシアでのクーデター後からの共産主義者虐殺。その行為は今でも肯定され、当時の加害者は今も現体制派にいるという。映画は加害者に当時の虐殺を再現させるという手法のドキュメンタリー。始め誇らしげに話をしていた加害者は、心の傷を直面化されたことで、最後には罪について自問自答を始める。集団心理、人の心の闇は、それを当時傍観していた諸外国は、と色々考えさせられる。良作だけど、途中から胸糞悪くなってしまい、点数は低め。
metamegane

metameganeの感想・評価

4.0
時の政府が利用し放置し続けた虐殺者に、あるはずのなかった罪悪感が発露する。娯楽性は皆無だが、本作の存在意義がラストに詰まっている異色ドキュメンタリー○
デュン

デュンの感想・評価

3.5

インドネシアで起きた「9月30日事件」の真相に迫るドキュメンタリー映画。

事件の加害者に演技させるという手法が印象的だった。
何かドキュメンタリー映画を観たいという漠然とした考えで視聴したが、想像以上に含蓄のある話だった。
shinnaoki

shinnaokiの感想・評価

1.1
人殺しが人殺しを語るという前代未聞の映画。。
CUT

CUTの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ドキュメントは音楽のアルバムみたいだと思った。
分かりやすく起承転結を作らなくていいというか。これはこれ、あれはあれ、を繋げていくような作り方。
それが、1曲1曲の集まりであるアルバムに似ているように感じた。

出演者がハキハキ喋ってて見た目も一般人的オーラが無かったから、クライマックスまでわりとこれフェイク
ドキュメンタリーかもって思ってた。
でも最後の、ギャングのボスじいさんの嗚咽が真に迫っていたから、ドキュメントだなと思ってしまった。


虐殺当時、彼女の父親を殺した後に乾いた笑いをするおじさん達がやばかった。
ボスのじいさんがさらっと人殺しの経験を語るシーンはちょっと怖い。映画という前提を持って見てるせいでどうしても現実じゃないものだと思って見ちゃってたけど、じいさんが話した直後に「いや普通に話すことじゃないだろこれ・・・」って考えたら怖くなった。

地域の人たちに演技をしてもらってたけど、演技にしても扱いが酷くてリアルだった。ってか本人だしそりゃあリアルだよなって感じだけど。その演出に泣く子供や放心状態のおばさんを見たら「これ何やってるんだろう・・」って思えてくる。


不謹慎かもしれないけど、男のデブはやっぱりああいう冗談が出ると胸揉まれるんだなって思って笑っちゃった。


ドキュメントを本当にあった事としての感想を書きました。ドキュメントは本質的には作り物ですからね。
鑑賞してから数年経っているのにも関わらず未だ脳にこびりつくあの嗚咽。
tossy

tossyの感想・評価

4.7
深いテーマなどなく見るもの全てが真実だ。
いかに自分が無知で小さな世界に生きてきたかがわかる。
人間が如何に弱く不器用で、愚かな生き物だと。。
自らの生のために共産主義者を虐殺してきた暗殺部隊のアンワル・コンゴが当時を振り返りながらその殺戮の模様を再現していくという話。
人生で一度は観ておきたい。
>|