インセプションの作品情報・感想・評価

インセプション2010年製作の映画)

INCEPTION

製作国:

上映時間:148分

ジャンル:

4.0

「インセプション」に投稿された感想・評価

今のところクリストファー・ノーラン映画の中で暫定1位!!
初めて映画館で観た時の感動を今も忘れてはいません!!
公開当時中学生であったことに加え、2時間半近くひたすら字幕追っかけ...
途中で飽きてしまうかと思いきや、全くもってその正反対。
彼らと共にみるみる"夢"の世界へと引き込まれていきました。
これ以来ノーラン監督の新作が公開されると気分高揚!!
確か予告編からもう既に興味をそそられたんだと思います。

この映画には、それだけ魅力を感じずにはいられないポイントが幾つか存在します。
一つ目は、半端なく豪華なメンツが集結した出演俳優陣。
内容はともあれ、ディカプリオと渡辺謙が共演している時点で、絶対に観なければいけない映画になりました。
今年「レヴェナント」でも共演したトム・ハーディやジョセフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ...等々
潜在意識の人間以外で、知らない顔がほぼゼロという信じられないキャスティングが実現しました。

ポイント2は監督自身のビジョンがまさに常識破り。
人の夢に侵入してアイデアを植え付けるというメンタリストがやりそうなテーマをクールかつユニークに仕上げた彼の監督として脚本家としての手腕に息を呑みました。
もはや彼の頭の中に入ってみたくなりました。
(まあでも実際、倫理的にどうなのかな...)

そして映画の感動を後押しするのは何といっても映像。
「アバター」や「ゼログラビティ」など近年、あっと驚く撮影技術が目白押しですよね~
何でもアリの夢の世界をどう描くかが正念場であったような気がしますが、製作者たちのアイデアと完成度のクオリティには本当に圧倒されました。
オスカー撮影賞はじめ数々の映画賞、獲りまくりました。
二つに"折りたたまれた”パリや無重力のホテルでの格闘シーンなど、まだまだ見所は沢山ありますので、乞うご期待!!
映画館の大きなスクリーンで観られたのは大いなる喜び!!
迫力満点でした!!

ただ一つ難点を挙げるとしたら、かなり設定が込み入っているため一度に全てを把握するのは、やや厳しいかもです...
細かい箇所までしっかり理解しようとすると、途中で様々な矛盾にぶち当たり、それをいつまでも引きずって悩んでいると、置いて行かれ、その内頭が飽和状態になる恐れがあります。
アドバイスはただ楽しんで!!
所詮夢の中だと言い聞かせて!!
自分の場合、もう3,4回は観たのでかなり細部まで掘り下げて楽しめるようになりました。
それでも毎回、考えを巡らせ新たな発見を目指してます。

かなり長めで疲れますが、人それぞれ楽しみ方が違うと思うので、興味深いです。
個人的には繰り返しですが、大~好きです!!
多分また近いうちに観返します。
最初展開が早すぎて全くついていけなかった。途中、わからなすぎて一旦眠くなる瞬間もあったがコーヒー注入してなんとか鑑賞。夢と現実の世界が入れ替わるのがナチュラルすぎて結構みるの大変だったけど、ストーリーは面白かったし、映像の迫力は凄かった。最後のシーンがまた謎めいており、映画ファンならラストの解釈についねあーだこーだ言うことができるだろう。僕は「ほー」って感じでした笑
Mio

Mioの感想・評価

-
おもしろかった。難しいけど、その難しさが心地よい〜ラストも激アツ。映画館では理解できないと思う。笑
た

たの感想・評価

-
弱ってる渡辺謙が良かった
EriK

EriKの感想・評価

4.0
目が回った記憶。
mone

moneの感想・評価

3.6
視覚表現
カット割り

このレビューはネタバレを含みます

公開当時に見て以来で、また劇場で観られて良かった。

時間の重層感の表現が本当に上手いしハラハラする。
植え付けに行ってるのに、自分の投影に逆に植え付けられそうになっていた所が怖い。
前見た時はあー帰れなかったのか、と思ったけど今回は全然違う感じ方をして楽しかった。
みな

みなの感想・評価

4.4
難しいけど、何回も観ていくと少しずつ理解できて面白くなってくる映画。
困難な問題にぶつかっても次々とアイデアが浮かんでくるなんて、なんて頭の良い人達なんだろうと思った。
これはもう、コンセプト勝ちです。
終わり方が秀逸。
夢なのか現実なのか。
あとCGがすごい。
>|