インセプションの作品情報・感想・評価

インセプション2010年製作の映画)

INCEPTION

製作国:

上映時間:148分

ジャンル:

4.0

「インセプション」に投稿された感想・評価

今敏さんの『パプリカ』と同じくらい緻密な世界観が素晴らしいのですが、それに輪をかけるように作品性が高いのはノーランさんの知的センスのおかげでしょうね…
力強い映像もそうだけど、あの合理的なストーリーに圧倒されない人はいますか?っていう。
そのノーランさんの知的センスがオタク臭くなく、きちんと娯楽に昇華されてるのもすごい。
ayumi

ayumiの感想・評価

4.5
夢、現実、時間、空間
実体のないものがそれぞれにルールを持ち、層をなして絡み合う独特の世界観
劇場ならこの映像技術と音響をより楽しめたはず
何回か見たくなる
難しいけどおもしろかった〜〜
話が単純におもろい。
さすがクリストファーノーラン。
hi1oaki

hi1oakiの感想・評価

3.8
2017年の感覚で観るとなんつう豪華キャストなんだって作品ですね。
CG嫌いなくせにこういう作品撮っちゃうあたり、ノーランってめんどくさい人なんだろうなーって思う。ホテルの廊下のシーンの撮り方とか病的だし。廃墟の海岸線はアレ模型なのかな?
ただ話としては、複雑になりそうなプロットをシンプルにわかりやすくまとめている印象。難しい話ではない。理屈的な部分を全部言われるがままに飲み込んでしまえば、少しトリッキーな回の「ドラえもん」くらいの感じで観れる。
まぁシンプルにしたぶんキャラがみんな素直すぎる。コブとアリアドネ以外はもっと私利私欲のためにやってるっつうドライさも見せても良かったのでは? ほぼ即席チームなのにそれぞれを信じ過ぎ。
主要キャラも豪華なんだけど、マイケル・ケインやピート・ポスルスウェイト、トム・ベレンジャーの使い方は贅沢。
キリアン・マーフィがイイ声過ぎてロバートに肩入れしてしまう。っていうか、この話って基本的に悪人がいないサスペンスなんだよね。いや、主人公チームが悪か。
複雑、かなり考える映画なだけに見応えはかなりある。ミステリー、アクション、SFと色んな要素が詰まってて、どのカテゴリーでもクオリティの高いもの。総合的に面白い映画。
誰しもが見る"夢"
そこを舞台に潜在意識にアイディアを植え付ける「インセプション」に挑む6人の物語。

濃厚な音楽に完璧な脚本、CGを使わず徹底的に実写にこだわった撮影方法
見終わった後に監督やスタッフに対して面白いやすごいなんて単純な感想ではなく"敬意"をまず持たざるを得ない。

"メメント"で時間を操ったノーランは今作でも様々な時間を操ってくる。

現実という"世界"
夢という"世界"
そのまた夢の…
劇中の世界は複層化され異なる時間を持ち進んでいく。

設定は複雑でありながらも物語自体はシンプルでスリリングな作品。

全てが終わった後がたまらなくかっこいい
これほど余韻に浸れる作品はない
まるこ

まるこの感想・評価

3.5
★★★☆☆3.0
ダンケルクからのノーラン作品観賞。
前半は全く理解不能で後半から少しわかるように…皆さんがレビューで書かれてるようによくこんなこと思いつくなってくらい緻密でした。夢と現実の世界の切り替えが複雑すぎて再度見ないと理解できないところも多かった。ラストのシーンもコマが回り続けブレたところで終わり、そしてエンドロール。笑
解釈か真っ二つに別れ、モヤモヤが残るが最後だと思った。
映像技術が素晴らしく、キャストが豪華っていうのは初心者の私でもわかるところ!
また見なおしたい作品!
世界観が大好きな作品!
夢の中の夢に入っていくけど、最初は難解すぎてわからなかった(笑)

ノーランワールド炸裂してますね
すごく面白かった!
オチも2択考えられて、もどかしいこの感じ好き

世界の謙も見れて満足です
>|