インセプションの作品情報・感想・評価

インセプション2010年製作の映画)

INCEPTION

製作国:

上映時間:148分

ジャンル:

4.0

「インセプション」に投稿された感想・評価

今敏さんの『パプリカ』と同じくらい緻密な世界観が素晴らしいのですが、それに輪をかけるように作品性が高いのはノーランさんの知的センスのおかげでしょうね…
力強い映像もそうだけど、あの合理的なストーリーに圧倒されない人はいますか?っていう。
そのノーランさんの知的センスがオタク臭くなく、きちんと娯楽に昇華されてるのもすごい。
IMAX総選挙のおかげで、劇場で観ることができました。と言うことで再投稿!

いやぁ…何度観てもいいですね。本当にすごい映画だなと改めて。何が現実で何が夢なのか。見終わった後、自分が生きている世界さえも疑ってしまいたくなる…。また、映画の世界はどんなことでも可能にしてしまうんだな、ということを改めて感じさせられます。今回は、前回観た時見逃していた細かい設定や仕組みを確認することができました。特に、モルに関しての説明(?)がよく分からなかったんですが、2回目の今回はスッキリ分かりました。面白かった。

以下前回のレビュー▷▷▷▷▷
本当に凄い映画でした…見たあとしばらく興奮しっぱなし。私たちにとっての“あたりまえ”が揺らぐという、貴重な体験をさせてもらいました。
これを思いつくノーラン監督とは一体…。

これを初めてみたのが中学生ぐらいの時だったのですが、その時は何が何だかわからなくて。基本の設定から全く理解できなかったのですが、数年たって、いろんな映画を見て、いろんな経験をした今となっては、話の流れや映画内での設定について、ある程度しっかり理解することができました。(自分の成長を感じてちょっと嬉しくなったり😉)

どんどんと進んで行くストーリー、それとともに明かされて行く真実、一瞬たりとも目を離せませんでした。また、どう考えてもありえない描写、ありえない設定なのに、妙に現実味を帯びているのも凄いなぁと思います。

と、ここで今回のキリアン。めっちゃいい役でしたね〜。いろんな背景を背負って今そこに立ってるんだろうな、っていうなんとも言えない切なさがさすがでした。

とにかく、本当に凄い作品です。凄いって言葉がぴったり。ウォォってなります。
そして、2時間半という長い時間が本当にあっという間。もしかして、監督の夢の中にいたのかなぁ…。
難しいお話だったけど、置き去りにされる程の難解さではなく、最後には何となくわかったような気になれる作りになっている。

場面が何層にもなっていて、かなり頭を使う。それぞれで時間の流れる速さが違うというのも面白い発想だった。終盤、追い込みのまとめ方は圧巻だ。

無重力アクションや、スキーで滑りながらのアクションが私にはツボだった。面白い。

白いニットキャップのトム・ハーディが可愛かった。

ラスト、あの閉じ方は、やられたという感じ。いけずやわぁ。
ior

iorの感想・評価

4.5
理解するのが難しいけど“夢と現実”というテーマがすごく面白くて引き込まれた
ラストが意味深。
吉田

吉田の感想・評価

-
2018/02/23 IMAX
林東昇

林東昇の感想・評価

5.0
素晴らしい映画、八年前の映画テーマを今見たのが感じない
難しい!!!!けど、こんなストーリー思いつくなんて!!って言う感じでした。人の夢に入り込んでアイディを盗んだり逆に植え付けたり、将来できるようになるのかな…すごいけど怖い。怖いけどすごい…。
2.3回見たけど
ちょっとよくわからなかった!

少し難しかった気がする。

昔見たのでもう一度見返してみたい。
harumijano

harumijanoの感想・評価

5.0
すげぇすげぇすげぇ!テンションぶち上げ大興奮!設定がしっかりしてるから安心してアクションにのめりこめる。

誰でも夢の中で記憶を追体験したり、独自の世界を創り出したりするでしょう。
そういう“あるある”をこんな映画にしてしまうとは、クリストファー・ノーランは天才だね。

現実の動きに対応して重力が移り変わっていく夢の世界って設定が最初にあるのか、壁が床になってまた逆にも…って世界でのアクションを目指してそういう設定を作ったのか。監督の映画作りのメソッド、興味があるなぁ。
と思ってたら、ふむふむ、やっぱそうだったのね。って楽しみ。


現実って何なんでしょうか。
コブ夫妻の夢の世界での50年はさぞ幸せだったんでしょう。50年だもんね。そんな埋もれたくなるくらい幸せな体験、そして妻を失っても夢の中に留めておける…何でもアリなんだけど、それを現実って思い込んで逃避してもいいんじゃない?って思ってしまう。
そう考えると、モルの自殺はこの映画の中でも重要な話な気がします。
>|