インセプションの作品情報・感想・評価・動画配信

インセプション2010年製作の映画)

Inception

上映日:2010年07月23日

製作国:

上映時間:148分

4.0

あらすじ

「インセプション」に投稿された感想・評価

1 DVD 🍀
2 Hulu
3 2020.09.25 GYAO!
恐怖を感じた

このレビューはネタバレを含みます

夢から覚めるために死ぬ決断の、これは本当に夢なのか?って感覚は、夜中尿意で目覚めた時にトイレで味わう感覚に似ている気がする。

昔に明晰夢の練習をして夢と現実の区別が曖昧になったことを思い出した。
なすか

なすかの感想・評価

4.0
ずっと気になってた映画がアマプラに来てたから視聴。
どんどん夢の深くに進んでいく展開は、難しかったけど、理解不能ではなく、ちょうど良かったです。
見たい夢を見れるようになったら、僕らはこの現実を生きようと思えるんですかね?
少なくとも、現実を生きたいと思えるように生きたいなぁと思う所存。
95年製

95年製の感想・評価

3.6
ルールはややこしいけど、当初の目的は成功したのかは謎。
syuuzzy

syuuzzyの感想・評価

3.6
鑑賞記録
itakura

itakuraの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーンの持っていき方までイケてすぎ…
深層心理については僕も思い当たる節があるので自分の内面に没落し過ぎて死なないようにしたいです。

この映画のように僕の第5階層の自分自身、死を待つだけの自分自身を日々殺し、決着をつけて毎日を過ごしていかなければならないと思いました。構造的で意外と分かりやすく良い話でした。

最後の彼は”斎藤”だと考察している方やサイトが殆どですが、この作品の主題の”自分自身”の深層心理に巣食う”心の奥の自分自身”だと思うのですが、これは僕のミスリード…?
だってわざわざ彼女と老けた自分が手を繋いだりレールの上を横たわるシーンを作る必要ないじゃん。その階層にいる待つだけの自分自身だと思いました。それかミスリードを誘っていて僕がまんまとはまった?

斎藤が人の夢に入る様に依頼することさえも夢の中なのかなと思いました。
真の主人公は鑑賞者というか…

この映画自体がひとつの夢でこれを観ている鑑賞者の居る世界が現実。
貴方も考えてみてねと言うことをノーランは伝えたかったのかなと僕は思いました。前に進める映画。

うーん、もう少しゆっくり考えてみます!
ぽち

ぽちの感想・評価

4.0
テネットよりわかりやすい!
面白さは同じくらい!

夢の階層でどんどん奥に行きながらそれぞれの場所での思考が面白い。

やっぱり最後は現実であってほしい。コマ倒れろーと思ったところで終了。
うまいところで終わるなと。さすがでした。
何度観たかわからない最高に好きな作品だけど、テネット後に見返してやはり傑作だと確信した
takahiro

takahiroの感想・評価

3.9
わからんなくなって虚無に落ちた。
>|