インセプションの作品情報・感想・評価・動画配信

インセプション2010年製作の映画)

Inception

上映日:2010年07月23日

製作国:

上映時間:148分

4.0

あらすじ

「インセプション」に投稿された感想・評価

人間性

人間性の感想・評価

4.0
リアルタイム以来の再見。

三つの層に流れる異なる時間をそれぞれ自在に圧縮させて、三層ともにシンクロさせてクライマックスを迎える構造。これ「ダンケルク」じゃん!って発見があった。これぞ「時間の魔術師」ノーランの面目躍如。「ダンケルク」との違いは“センス・オブ・ワンダー”があるか、ないか。
オリジナル企画で超大作を撮れる世界で唯一の男。いやーテネット早く観たいっす。
しぶく

しぶくの感想・評価

3.7
なんでこんなのが思いつくんだ?
とりあえずハッピーエンドで良い?
トム

トムの感想・評価

-
2回目の鑑賞
hsmt

hsmtの感想・評価

3.3
観ていくうちに内容は理解していくものの、何かと展開があるので休む暇なくストーリーが進んでいく印象。

ラストシーンは好みでした。
PikKa

PikKaの感想・評価

-
他人の夢の中に意図的に入って潜在意識の中から秘密を盗み出す、あるいはその反対に意識を植え付け(インセプション)を行うという壮大なアイディア、幾重にも重なる夢の階層という世界観を迫力の映像と音、俳優たちの演技で見事に表現したノーラン。

渡辺謙氏が参戦しているだけでなく、
新幹線や城など日本を感じられるものも随所に散りばめられているのも面白い。
その城(=夢)が崩れ落ちる場面の映像も凄い。

カフェ崩壊や無限階段などの場面の映像も息をのむほど見入ってしまうし、何よりあの列車!
あれはCGでもミニチュア撮影を合成したものでもなく実物大!
出来る限り本物を追求するノーランは『TENET』でも実物のジャンボ機をブッ込むし、もうすべてがケタ外れ。
あの巨大で無機質な列車が街を、アスファルトを削りあげながら走る光景の不気味さ、恐怖…
迫力が半端ない。

果てしない想像力、その途方もないほどの想像やアイディアを様々なクリエイティブチームやスタッフ、キャストたちに明確に伝える手腕や統率力で映像化したノーラン。
そのノーランの夢の中に入って彼の頭の中を覗き見したくなる。

あの世界に飛び込むような感覚、
今にも飲み込まれそうな圧倒的迫力の映像スケールをいつかIMAXや4DXなどでも体験したい。


(映画『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!』で、プランクトンがカーニバーガーのレシピを盗もうとスポンジ・ボブの頭の中に入る場面があるけど、あれを観るたびにインセプションを思い出して面白い。)
neruda

nerudaの感想・評価

3.5
渡辺謙の英語力に脱帽
けいこ

けいこの感想・評価

5.0
ヨーロッパ企画の「出てこようとしてるトロンプルイユ」を彷彿させた!そっちの方が後なんだけども。時間を愛してる人間にはたまらなかった。ロジックをもっと理解したい🔥
yusa

yusaの感想・評価

-
映画見慣れてない人はちょっとついていけないかもやけど、だれもがみる「夢」を題材にし、あり得そうでありえない絶妙な設定には興味がそそられ序盤で一気に引き込まれました。
まわりくどい
>|