森田

そして泥船はゆくの森田のレビュー・感想・評価

そして泥船はゆく(2013年製作の映画)
5.0
ずっと気になっていた作品。
カルト色の強い喜劇映画だった。
日常がズレながら進行してゆく構成だが、主役の演技力と、歯切れのよい台詞、乾いた白黒の画の迫力が低予算を感じさせず退屈させない。
奇想天外な第三部は狙いすましたチープさが絶妙。
ラストは粋で心地よい。
笑えるしハマる人はとことんハマる映画だと思う。ブラッピ!