自由と壁とヒップホップの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

自由と壁とヒップホップ2008年製作の映画)

SLINGSHOT HIP HOP

上映日:2013年12月14日

製作国:

上映時間:94分

3.7

「自由と壁とヒップホップ」に投稿された感想・評価

TSUTAYAの取り寄せレンタルのおかげで見れました。

パレスチナ初のヒップホップグループの誕生から始まるドキュメンタリー映画。
警察からの弾圧や犯罪が横行するパレスチナのガザ地区の現状をラップで歌う若者達。生きる希望や夢をパレスチナの子供たちに与える心優しいラッパーの話でよかった。
2pacやnotoriousBIGを聞いた英語のわからないパレスチナの人たちが、母国語で手探りでラップするのがとても面白かった。歌詞のネタもガザにいると尽きない。
ラップでお金を稼ぐことは出来ないのに、彼らの両親は「いい行いだからいつか実る」と、音楽活動を全面的に応援していて感動した。周りはいい人ばかりなのにガザ地区の人間というだけで警戒され、身動きが取れなくなるのは見てて悔しい
Zawachin

Zawachinの感想・評価

4.5
SEALDsの元ネタはこれだと個人的に思ってるんだよなあ。報道関係者たるもの、絶対一生に一度は踏み入れたい土地の記録。
Tyga

Tygaの感想・評価

4.0
全てが軍隊によって破壊されていく中で、誰からも奪えない自分の音楽を創ろうとしている若者たち。

「何かを伝えるなら暴力よりも芸術がいい」
[パレスチナ]と[ヒップホップ]という組み合わせが面白い。『トゥーマスト』や『パーティー51』など、ここ最近こういう移植の組み合わせの音楽ドキュメンタリーが多く公開されるようになりましたが…その中でもパレスチナの歴史や現状なども丁寧に作られていて見やすい作品でした。

行き場を失い、何かとすぐ拘置所に入れられ、あちこちでテロが起こり、友達が銃で打たれ…

「もう恋なんてしない、なんて~言わないよ絶対~♪」なんて平和に歌って場合じゃないんですよ。彼らにとってはヒップホップは命懸けのメッセージなワケです。

何組かヒップホップグループが紹介されてますが、やはりパレスチナ人初のグループ[DAM]が別格にカッコよかったですね。他の人らも普通に楽曲がカッコいい。最後に出てきた女の子だけ若干浮いてた感じがしましたけど。

全体を通して訴えたい事は充分伝わりました!けどもドキュメンタリー映画ならではのもう1つ上のステージ…ミラクル的な事が足りないかな~と思っちゃいました。

過酷な状況下にある彼らの上品な映画でした。

※レンタル延滞中につき慌てて鑑賞したせいかもしれません。。。
macco

maccoの感想・評価

4.0
パレスチナはニュースでたまに聞く程度で正直よく知らなかった。パレスチナにラッパーなんているの?て思って見たけど、予想以上にすごかった。
同じ国にいても気軽に会えない、なぜなら検問を越えるのに何時間も何日もかかるから。ほんの少しの間で治安も状況も変わる、夜は爆撃の色鮮やかな火花が散る、でも争いも麻薬もテロも御免だ、平和を祈って希望を持ち続けたいだけ、その想いをラップにのせる。暴力じゃなくて言葉で闘おうとする心意気、なんてクール!
「何かを伝えるなら暴力じゃなくて芸術がいい」って名言だと思う。
アラブだろうがシオニストだろがなにがなんだかワケカンナイシ。
でも言いたい!変えたい!当事者じゃないとわかんない事言うんだよ!hiphopって便利な物通して!じゃないとみんな聞いてくれない!関心持ってくれない!みんな同じじゃない?俺だけか?このクソ下手なラップ訊けよ!無理だろうが!でも、でもだよ!なんか動かそうとしてんだろが!
完全におかしな事言うてますけど、おかしな場所でおかしな音楽に本音を載せてる不思議な話。
DAMのメンバーが影響を受けたラッパーの中にアトモスフィアの名前があるのを見逃さなかったぞ!
A田

A田の感想・評価

3.4
パレスチナ人の歴史についてもちろん勉強になるし、彼らの生活やポップカルチャーなんかも見えてくる。
DAMというアラビア語ラップの先駆的グループに密着。こいつらの成功譚を一応の軸にして話が進む。
なにげなく映しちゃってる、街の風景やらそこで起こってる事態の圧倒的なヤバさ、映像的な迫力。それに比べると、DAMの最初から人気者なとこやら、やることやること大成功な感じとか、このムーブメント自体に正直そんなに興味が湧かなかった。
ともかく中東にヒップホップやってる奴がいて、それが意外と受け入れられてる。この現状を紹介したっていう功績はデカいと思います。
DAMのアーティストとしての商才には感心させられた。
この作品で知ったこと。イスラエルの人口の20%は実はアラブ人で、彼らには移動の自由が認められておらず、アラブ語も禁止されて酷い抑圧を受けて暮らしている。イスラエル建国時に排除されて出て行ったアラブ人(パレスチナ人)からも、イスラエル内に残っているアラブ人を白い目で見る風潮がある…。

本作は、イスラエル国内で虐げられているアラブ人の若者が始めたヒップホップ・ムーブメントのドキュメンタリー。彼らの置かれた状況では、歌詞はどうしたって政治的になる。熱い熱いメッセージ。ヒップホップの魂の叫びが共感をよび、大人も含めて人々の誇りと自信をとりもどし、パレスチナやガザのアラブ人たちとの繋がりを強めた…。

何かを変えるのは暴力ではなく芸術

*****

ヨーロッパで長い間差別されてきたユダヤ人の歴史
イスラエル建国時にイギリスのやった酷い2枚舌外交
その後絶え間なく続くアラブとイスラエルとの戦争の歴史

*****

この作品の素晴らしさを否定するつもりは全くありませんが、この作品から、いつか争いが終わるだろうという気配は、残念だけど感じられません。第3者の立場から見れば、これはアラブ人の立場の作品です。そういう作品ではイスラエルは酷く描かれる。でも彼らの活動を許しているイスラエルの寛容さもあるわけで…。

お互いを理解しあうということを子供達に植え付けること。それをお互いが続けていって、その子供たちが大人になった頃にやっと、一歩前に進めるのだと思う。そのためには、今の大人たちがまず変わらなければならない。それができないから争いが続く…。
poco

pocoの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

かつてパワーを持っていたアメリカのHIP HOPのメッセージ性は、こちらパレスチナや、フランスの移民たちのラップのほうに移って来ていると感じる。