おにぎり

エージェント:ライアンのおにぎりのレビュー・感想・評価

エージェント:ライアン(2014年製作の映画)
3.2
世界恐慌とテロを阻止するべく選ばれたのが、元海兵隊で英雄的な働きをした後退役、博士号を取ってCIA分析官にスカウト、ろくに訓練も受けず直ぐにエージェントと言う素晴らしすぎる経歴の主人公。加えてルックス性格良し、医者で美人の恋人がいると言う、もう凡人は唸るしかない完璧な彼。
似たような設定は他の作品でも見当たるはずですが今作は特に、エージェント=何もかも備えたカッコイイ人、と言う稚拙なエージェント像と台詞の臭さが鼻について感情移入出来なかった。
肝心のアクションシーンもカメラワークやカットの繋ぎが雑で、突然車に乗っていたり銃を発射していることになっていて、直前に何枚かのカットが必要と思うシーンが度々あり技術的な未熟さを感じる。ストーリーの深刻さ複雑さに比べて、テロリストの掘り下げも浅く薄っぺらい印象に終わっている。
もう少し現実味のあるキャラ設定と見せ方、カットのセンス、事件の掘り下げ方で、幾らでも面白い作品になったと思うのが残念だ。