アイム・ソー・エキサイテッド!の作品情報・感想・評価

アイム・ソー・エキサイテッド!2013年製作の映画)

LOS AMANTES PASAJEROS

上映日:2014年01月25日

製作国:

上映時間:90分

ジャンル:

2.8

あらすじ

マドリッドからメキシコ・シティへ。快適なはずのビジネスフライト。でも、その飛行機は目的地に向かわずに上空をぐるぐると旋回し続けていた・・。緊迫した状況の中、3人のオネエの客室乗務員たちは乗客を楽しませようと歌って踊り、オリジナルカクテルを振る舞う。三角関係に悩む機長、運命が大きく変わる日だと予言をする乗客、愛人と元カノが気になる元人気俳優。SM女王にメキシコの怪しい警備アドバイザー、不祥事を働い…

マドリッドからメキシコ・シティへ。快適なはずのビジネスフライト。でも、その飛行機は目的地に向かわずに上空をぐるぐると旋回し続けていた・・。緊迫した状況の中、3人のオネエの客室乗務員たちは乗客を楽しませようと歌って踊り、オリジナルカクテルを振る舞う。三角関係に悩む機長、運命が大きく変わる日だと予言をする乗客、愛人と元カノが気になる元人気俳優。SM女王にメキシコの怪しい警備アドバイザー、不祥事を働いた銀行頭取、酩酊し続ける新婚カップルなど、癖があり過ぎる乗客たちー。徐々に彼らの正体が明らかになってゆくー。果たしてこのフライトを無事に終えることができるのか!?

「アイム・ソー・エキサイテッド!」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

世の男どもが想い描くスチュワーデス(決してキャビン・アテンダントなんていう色気の無い職名では無い!)の「聡明で明るくて客の要求に従順で、性に奔放」といったイメージをオカマに託して描写することで、ステレオタイプな「スチュワーデス像」がいかにマヌケかを提示する。
この数年、母親や性に対する真摯な思いを描いてきた監督が辿り着いたのは、日々の生活からの解放を促し幸せな気分をもたらすマヌケの有効利用だ。

世の中には深刻ぶって考え悩むに値するものなど無い。

どうせ、映画を見終わった後には日々の面倒くさくて重苦しい生活に戻らざるをえないのだから、せめて僅かな時間でも無責任にそんな想いを持ってもいいじゃないか。「今夜だけはハメを外して興奮しちゃう!」とマヌケに盛り上がろう。
本作はマヌケへの帰依と、その福音である。
そして、多くのマヌケがそうであるように本作もユルい。しかし、そこがイイ。
Nunn

Nunnの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

ガッカリでした。
吉田

吉田の感想・評価

-
2018/01/17
yurina

yurinaの感想・評価

2.0
茶番すぎる🤣
1234

1234の感想・評価

1.8
映画というより舞台向けのスクリプトだと思う 吊り上げられた航空機があろうことか緊張を放擲してしまい、人物を閉じ込めて衝突させるのみ機能する 舞台のマジックはむき出しの舞台装置が支える演者のグルーヴであり、ズタズタにカットされたフィルムの上では、凡庸な現実でしかない エキセントリックな演出は浮いてしまう
滑走路に広がる泡みたいなやつだけ映画的だったね
ラテンな笑いをおネエCAメインに飛行機内で繰り広げる。もうおネエCAだけで十分笑えるけどちょっと途中ダレた。あの歌の所さんざん予告で見たから出てきても見慣れちゃって残念。あれはいきなり見て笑いたかった 
ふみ

ふみの感想・評価

2.9
待って、『Talk to her』『Volver』との落差が(笑)
着陸できなくなった飛行機の中で起こるドタバタコメディ。
なんとなく見てみたら下ネタのオンパレードでした。
そういうの苦手な方なんだけど、ここまで振り切ってくれたらまぁいいかな、って。

『私が、生きる肌』の監督だったのか。
あれも衝撃的な内容だったけど、こっちもなかなか。
(衝撃の方向性は全く違うけど)
まあ、なんていうかコレが評価低いのは分かるけど、、とても好きだ。。
>|