AKI

トム・アット・ザ・ファームのAKIのレビュー・感想・評価

4.3
原作は戯曲。
今作はドランらしからぬ映画ではあるものの、
見終わるとやっぱりドランの魔術にかかり白目。
触れられたことないところをくすぐられ「ちょ待てよ」ってなるのはやっぱり彼が天才だからなのでしょうか。

恋人をなくしたトム(ドラン)が恋人の葬儀に出るため、彼の実家(田舎の牧場)を訪れるも、キチガイ暴力兄ちゃんの屈折した支配にぶつかり、愛する人を亡くしたばかりのトムの隙間に何故か入り込んでしまう。

そんな兄ちゃんとトムのお互い惹かれ合っているかのような異常な状態がかえって、二人の計り知れない孤独、周りから忌み嫌われる兄ちゃん(自業自得)と差別を受けてきたであろう同性愛者のトムは周りがとうてい理解に及ばないところで求めあってしまったのだろうか?
と悶々と考えてため息。

ひとつ注文を言わせていただくと、ドランは黒髪のほうがいい。