祝宴!シェフの作品情報・感想・評価

祝宴!シェフ2013年製作の映画)

總舖師:移動大廚

上映日:2014年11月01日

製作国:

上映時間:145分

ジャンル:

3.3

あらすじ

台湾では、お祝いごとがあると屋外で宴が開かれ、そこで腕を振るう、総舗師(ツォンポーサイ)と呼ばれるおもてなしの心を極めた宴席料理人がいる―その中でも、“神”と称された伝説の料理人を父に持つシャオワンは、料理を嫌い、モデルを夢見て家を飛び出していたが、夢破れ帰省。そこで亡き父がレシピノートに残した“料理に込めた想い“に心を動かされたシャオワンは、時代の趨勢で衰退の一途をたどっている宴席料理の返り咲…

台湾では、お祝いごとがあると屋外で宴が開かれ、そこで腕を振るう、総舗師(ツォンポーサイ)と呼ばれるおもてなしの心を極めた宴席料理人がいる―その中でも、“神”と称された伝説の料理人を父に持つシャオワンは、料理を嫌い、モデルを夢見て家を飛び出していたが、夢破れ帰省。そこで亡き父がレシピノートに残した“料理に込めた想い“に心を動かされたシャオワンは、時代の趨勢で衰退の一途をたどっている宴席料理の返り咲きをかけ、全国宴席料理大会への出場を決意する。しかし料理は初心者。果たして、シャオワンは父の想いを引き継ぎ、 “究極の料理”に辿りつくことができるのか?

「祝宴!シェフ」に投稿された感想・評価

デタラメに笑わせながら、情に溢れた光景に心地よく涙を流させる。下品な歌もまた良い。
終盤、健やかで愉快で楽しい作品世界が終了してしまうことがさみしくて、また泣いてしまった。
何度も見たい作品。
頭空っぽ料理漫画
〜下手な九州弁〜

誰かが台湾版味王とかかいてたけどまさしくその通り。
そして日本語吹き替えが九州弁ってのがうける。本当これ聞くだけで価値ある。最高。
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

4.0
美食の街・台南を舞台にした伝統料理とユニークな人間模様を軸にしたエンターティメント映画。キャラクター設定から過剰な演出まで徹底することで分かりやすく誰にでも楽しめる内容。同時に台北、台南の空気と台湾料理の魅力をかんじた。
韓国実写版ミスター味っ○

伝説の料理人の娘が料理とは無縁の生活から山あり谷あり様々な経験を通して成長していく物語

コメディらしくふざけた部分が多く深く考えず見ていられるのに人情深い見応えもありました。

インド映画とミスター味っ○コメディと韓国らしさを掛け合わした感じですかね?主演女優がひたすら可愛いし肝っ玉母ちゃんとか怪獣とか各キャラも濃くてかなり面白かったです。

二時間近くかなりの長編ですがテンポがよくていつの間にか終わってました、もっと多くの人に観てほしいですね。ジャケ借りして正解でしたありがとう。
ゆみ

ゆみの感想・評価

3.5
何も考えずに見られる楽しい映画。このしょーもなさがわたしは好きです。笑
とは言え、王道コメディを長時間、飽きさせずに、かつ安心して最後まで見せることの出来るテンポの良さや盛り上げ方は凄いと思います。
mei

meiの感想・評価

3.2
\ 人を幸せにする究極の料理!/
台湾に行きたーい!料理食べたーい!
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、胡椒餅…
豆花にふわふわな雪花氷、葱油餅…
はあ〜、考えただけで幸せになれる!!!

本作は宴席料理の話なので上記のローカルフードは出てきません。焼きビーフンとトマトと卵炒めで我慢してください。これが小籠包とかだったら★4つけてました( .. )チーン

びっくり展開にツッコミながら楽しく観る作品です。「じゃあ最初から…」とか考えてはダメですよ〜!香港映画に慣れてる人は大丈夫です。笑

開始20分まではあまりハマらなくてギブアップしようか考えてたけど、料理シーンがババンッと出てきた瞬間から一気に見る気スイッチがON\(^o^)/ヨダレデルヨ

145分はさすがに長いけどなんだかんだ観ちゃった!台湾料理に興味がある人はぜひ〜♡
エンドロールまで楽しめます♬

【メモ】成田空港のTシャツ

このレビューはネタバレを含みます

 伝説の料理人を父に持つ娘さんの主人公が彼氏の借金の保証人になってたから借金取りに追われて実家に戻って、そこで料理大会に出るために頑張る話。

 カラフルな映像にテンポのいいギャグの連発で面白い映画でした。実家に戻ってそこで母親や自分のファン、ホームレスや借金取りを助っ人にして様々な食材を求めていく。
 食材を調理する映像や完成した料理はどれも美味しそうで見てると確実にお腹が減ること間違いなかったです。

 主人公は料理ができないけど台湾の伝統料理を継承するために大会に出る。ここら辺の努力している感じがそんなに伝わらず、ドタバタで突破して行っちゃう印象でした。
 主人公と良い感じになる料理アドバイザーみたいなイケメンさんも序盤だけで中盤からは外野から見守るだけなのもいただけなかったです。
 それよりも料理を食べた人たちの「美味しい!」というリアクションが何度も繰り返されるので、ちょっと退屈でした。全体で145分という長さも果たして必要だったのかわからなかったです。

 そして主演のキミ・シアちゃんがめちゃ可愛い映画でした。
出てくる食べ物が全て美味しそう!
母親のキャラが強烈で少林サッカー的要素も兼ね備えている。
昔見た台湾映画を思い出し、なんだか懐かしくなった。
こういう賑やかな感じの映画もいいと思う。
おじいさんたちの話もよかった。
>|