祝宴!シェフの作品情報・感想・評価

祝宴!シェフ2013年製作の映画)

總舖師:移動大廚

上映日:2014年11月01日

製作国:

上映時間:145分

ジャンル:

3.3

あらすじ

台湾では、お祝いごとがあると屋外で宴が開かれ、そこで腕を振るう、総舗師(ツォンポーサイ)と呼ばれるおもてなしの心を極めた宴席料理人がいる―その中でも、“神”と称された伝説の料理人を父に持つシャオワンは、料理を嫌い、モデルを夢見て家を飛び出していたが、夢破れ帰省。そこで亡き父がレシピノートに残した“料理に込めた想い“に心を動かされたシャオワンは、時代の趨勢で衰退の一途をたどっている宴席料理の返り咲…

台湾では、お祝いごとがあると屋外で宴が開かれ、そこで腕を振るう、総舗師(ツォンポーサイ)と呼ばれるおもてなしの心を極めた宴席料理人がいる―その中でも、“神”と称された伝説の料理人を父に持つシャオワンは、料理を嫌い、モデルを夢見て家を飛び出していたが、夢破れ帰省。そこで亡き父がレシピノートに残した“料理に込めた想い“に心を動かされたシャオワンは、時代の趨勢で衰退の一途をたどっている宴席料理の返り咲きをかけ、全国宴席料理大会への出場を決意する。しかし料理は初心者。果たして、シャオワンは父の想いを引き継ぎ、 “究極の料理”に辿りつくことができるのか?

「祝宴!シェフ」に投稿された感想・評価

デタラメに笑わせながら、情に溢れた光景に心地よく涙を流させる。下品な歌もまた良い。
終盤、健やかで愉快で楽しい作品世界が終了してしまうことがさみしくて、また泣いてしまった。
何度も見たい作品。
YURI

YURIの感想・評価

3.5
コメディで見やすかったけど
なんかB級感が、、、笑
主人公のママ(リンメイシウ)インパクトでかい
いつも聞き取れない
かりんこーりんって聞こえる中国語
どこの方言??

本場のトマトのたまご炒め食べてみたい!

主人公もそんなに可愛くないが、
オタクの3人衆がいい味出してた!
全体の雰囲気も田舎臭い感じがなんとも言えない
ほっこりしますね!
実験4号

実験4号の感想・評価

2.8
香港映画みたいなハチャメチャな展開の映画。
明け方に観たので、頭がぐわんぐわんした。

洗練されてなさが台湾の田舎っぽくてよかった。
好きな人は好きなタイプの映画かと。
gojyappe

gojyappeの感想・評価

1.0
オールナイト上映会の三本目で
うっかりビールを飲んでしまったせいなのか?
睡魔と闘いながら見てました
寝落ちしている人結構いて笑った
事前に妄想したものに全く引っかからなかったので
楽しみ方が分からなかったうえ
気を失いながら見ていたので…
美味しそうなお料理は沢山見られました。
決勝戦の審査員の味表現の言葉が面白い。「人生を味わいつくした」味ってなんなんだ…リアクションもコメディ満載。
ミズ

ミズの感想・評価

3.0
お腹空く
ラブゴーゴーしかりチェンユーシュンのコメディは肌に合う。次は熱帯魚。
>|