Izakoza

マチェーテ・キルズのIzakozaのレビュー・感想・評価

マチェーテ・キルズ(2013年製作の映画)
5.0
世界を滅亡から救うため、みんな大好きダニー・トレホがもっさりと大暴れ!
まるでおもちゃ箱(大人の)をひっくり返してガソリン撒いて火をつけたような作品なので、僕如きでは何処から言及して良いかわかりませんが、ハッキリとしている点は

・キチガイ革命家に狙われた合衆国の大統領がチャーリー・シーンで、本当の黒幕がメル・ギブソン。実弾やレーザーが飛び交う中、ヘリから降下するルチャマスク軍団。女性は露出過多でクルマは速い!一見、ムチャな世界に思えますが、シンプルで分かりやすくて素晴らしい世界なんじゃないかと。現実世界との落差(?)にしんみりしながら、作品データ見ると何と米露ウクライナの三国製作!!やはり人類はダニー・トレホに統べられるんですね!!!

・何だろう…日本人にとっての桜のように、米国人はおっぱいマシンガンに感じ入る物があるんでしょうか?

・女優陣が全員ステキ。たしかいっぱい余ってたはず!と一時停止して3Dメガネを漁る(見つかりませんでした☹)

・チャーリー・シーン先生の光線銃アキンボでEND! こりゃ最高やな〜と感慨にふけりながらYahoo!ニュース開くと「チャーリー・シーンHIV感染公表へ」という見出しに驚く。