罪の手ざわりの作品情報・感想・評価

罪の手ざわり2013年製作の映画)

天注定/A Touch of Sin

上映日:2014年05月31日

製作国:

上映時間:133分

3.7

あらすじ

村の共同所有だった炭鉱の利益が実業家に独占されたことに怒った山西省の男。 妻と子には出稼ぎだと偽って強盗を繰り返す重慶の男。しつこく迫る客に我慢できず切りつける湖北省の女。 ナイトクラブのダンサーとの恋に苦悩する広東省の男——。 虐げられ苦悩する彼らが起こす衝撃の結末とは? ごく普通の人びとである彼らはなぜ、罪に触れてしまったのか? デビュー作『一瞬の夢』以来、つねに今を生きる人びとを真…

村の共同所有だった炭鉱の利益が実業家に独占されたことに怒った山西省の男。 妻と子には出稼ぎだと偽って強盗を繰り返す重慶の男。しつこく迫る客に我慢できず切りつける湖北省の女。 ナイトクラブのダンサーとの恋に苦悩する広東省の男——。 虐げられ苦悩する彼らが起こす衝撃の結末とは? ごく普通の人びとである彼らはなぜ、罪に触れてしまったのか? デビュー作『一瞬の夢』以来、つねに今を生きる人びとを真摯に見つめてきた名匠・ジャ・ジャンクーが、 中国でここ数年に実際に起こった4つの事件を基に、急激に変貌する社会の中で時代の波に乗り遅れ、 もがきながらひたむきに生きる人たちをパワフルに描く、衝撃と慟哭の物語。

「罪の手ざわり」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

3.8
2015/07/24(楽天レンタル)
隠れた傑作
複数のストーリーが同時進行します
世界観はThe Place Beyond The Pines に近く、どこまでも現実な人生を映しています
パインズと同じように、そこには綺麗事もなく、感動もさせて来ません
ただただ虚しく、どうしようもない人生がありました
そしてパインズよりももっと強烈です
ただ、決定的に違うのは、社会に対する痛烈な批判が伝わってきます
もちろんこの映画は作られた中国では上映できていません
あらゆる意味ですごい作品です
(邦題と洋題はもともとのタイトルの意味である「定め」とかのがいいと思いました)
nenne

nenneの感想・評価

4.5
1つの国の中、様々な場所でそれぞれことが起こり終結してゆく様を傍観出来る作品

代わり映え無くみえる日常の中で確実に上昇する水位、それがある点に到達することによって生まれるいくつもの結末

どんなに小さなことであれ、またどんなにどうにもならないような事象であっても、何事にも結末というものは存在しますが
その連続で動いてゆく止まることのない世界をオムニバス形式によって上手に描いています

映像は美しく、フィルムは荒々しい音色のように流れてゆきます
時々細部に宿る要素が光り、まるでその空間の息遣いが聞こえてくるよう

鑑賞者をやさしく扱うことは決してせず
寧ろ暴力的と言っても良いほどの作品
この中国にまだ幸せがあるかな?とにかく暗いなあ、この作品。あまり同感とか感動はできなかったけれど良かった。
最後のエピソードを考えると、中国に住んでいる友達がこういう運命にならないように祈ってるね・・・
みんな悲しい。こんなはずじゃ無かった人生ばかり。打ち上げ花火、真っ赤なトマト、道路を横切る黄色い蛇、工場の煙突から吐き出される煙。どうすればよかったのか。
各話の出来は良かったし印象的なシーンも花火のシーンやチャオ・タオの殺害シーン等沢山あったけど、重いテーマの短編を四つ連続で見たようで疲れたし怠かった
mince

minceの感想・評価

3.5
現代中国の衛星都市。死について4人の事件。軽蔑からの怒りを義憤と信じ銃を取る男。妻子との生活を守るために手段を選ばない夫。婚期を失い不運の所を心に唾され暴走する女。良い事を探して放浪し愛をそれと信じかけた純朴な若者の末。"罪の手ざわり"塚口2。ざらざらしたものがずっと心に残る。2014-10-23
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.4
三つめのおばさん(笑)のエピソードが一番お気に入り。最後のエピソードのヒロインが全然かわいくないのになぜか印象的だったり、時折本格的?な任侠アクションが飛び出してきたりと「びっくり箱」ないし「正月の福袋」みたいな変な映画。気を抜いてると突然の暴力に驚かされる
>|