罪の手ざわり(2013年製作の映画)

天注定/A Touch of Sin

上映日:2014年05月31日

製作国:
  • 中国
  • 日本
  • / 上映時間:133分
    監督
    ジャ・ジャンクー
    脚本
    ジャ・ジャンクー
    キャスト
    チャオ・タオ
    チアン・ウー
    ワン・バオチャン
    あらすじ
    村の共同所有だった炭鉱の利益が実業家に独占されたことに怒った山西省の男。 妻と子には出稼ぎだと偽って強盗を繰り返す重慶の男。しつこく迫る客に我慢できず切りつける湖北省の女。 ナイトクラブのダンサーとの恋に苦悩する広東省の男——。 虐げられ苦悩する彼らが起こす衝撃の結末とは? ごく普通の人びとである彼らはなぜ、罪に触れてしまったのか? デビュー作『一瞬の夢』以来、つねに今を生きる人びとを真摯に見つめてきた名匠・ジャ・ジャンクーが、 中国でここ数年に実際に起こった4つの事件を基に、急激に変貌する社会の中で時代の波に乗り遅れ、 もがきながらひたむきに生きる人たちをパワフルに描く、衝撃と慟哭の物語。

    「罪の手ざわり」に投稿された感想・評価

    2015/07/24(楽天レンタル)
    この中国にまだ幸せがあるかな?とにかく暗いなあ、この作品。あまり同感とか感動はできなかったけれど良かった。
    最後のエピソードを考えると、中国に住んでいる友達がこういう運命にならないように祈ってるね・・・
    みんな悲しい。こんなはずじゃ無かった人生ばかり。打ち上げ花火、真っ赤なトマト、道路を横切る黄色い蛇、工場の煙突から吐き出される煙。どうすればよかったのか。
    各話の出来は良かったし印象的なシーンも花火のシーンやチャオ・タオの殺害シーン等沢山あったけど、重いテーマの短編を四つ連続で見たようで疲れたし怠かった
    現代中国の衛星都市。死について4人の事件。軽蔑からの怒りを義憤と信じ銃を取る男。妻子との生活を守るために手段を選ばない夫。婚期を失い不運の所を心に唾され暴走する女。良い事を探して放浪し愛をそれと信じかけた純朴な若者の末。"罪の手ざわり"塚口2。ざらざらしたものがずっと心に残る。2014-10-23
    三つめのおばさん(笑)のエピソードが一番お気に入り。最後のエピソードのヒロインが全然かわいくないのになぜか印象的だったり、時折本格的?な任侠アクションが飛び出してきたりと「びっくり箱」ないし「正月の福袋」みたいな変な映画。気を抜いてると突然の暴力に驚かされる
    ダーハイ(大海)は会社の汚職に、
    チョウ(周)は金に、
    シャオユー(小玉)は愛に、
    シャオホイ(小輝)は恋に、
    苦しみ、そして行き着く先には「殺」という感情があり、それが彼らを突き動かす。

    罪を犯すには、それなりの理由があるけど、人を殺める罪は、それに見合う相当な理由があってのことだと思う。
    人を殺したことが無いから分からんけど...
    そんな感情は持ちたくないし、関わりたくも無い。
    でも何があるか分からないのが人生。
    怖っ!

    血の量が凄かった。

    A touch of sin
    実際に起こった四つの事件をモチーフにオムニバス形式で繋ぐ犯罪群像劇。非常に寡黙で暴力的な作品で、主人公となる四人に降りかかる理不尽な仕打ちに対して、彼等がブチキレて犯罪者となってしまう様が武侠映画風の演出で外連味たっぷりに描かれる。
    第一部で、殺人を決意した男が肩に猟銃を担ぎ中国の田舎町を闊歩する姿は『タクシードライバー』でトラヴィスが遂に爆発するシーンのような高揚感を覚えた。BGMとして流れる民謡風の不気味な明るさを帯びた好戦的な戦慄や、役者の無粋な人相も相まって強烈な印象で、この場面はポスターアートにして部屋に飾りたいくらい格好いい。他にも第二部の小銃による通り魔殺人、第三部の小太刀を用いた殺陣も非常に凝っている。
    変わりゆく中国。二極化する富めるものと貧しきもの。優位な立場を利用して弱者を辱しめる高慢な搾取者に牙を剥く反逆者たち。この映画で描かれるのは、傍観者からすれば突発的で不条理な仕打ちであり、当事者にしてみれば必然的な断罪としての暴力だ。我々はテレビで凶悪犯罪の報道が流されても、ニュースキャスターの言葉を鵜呑みにし、「また貧乏人が金銭関係で揉めて居直ったんだな」という単純なストーリーを勝手に頭の中に思い描いてしまうが、当然加害者にだってのっぺきならない事情があったはずだ。一寸の虫にも五分の魂。意地や尊厳がある。社会的弱者は己の尊厳を守るために、最も安易で有効な手段として拳を振り上げることを選んでしまう。誰も社会の潮流に抗うことはできず、順応できなければその怒りを衝動に任せて発散するしかない。たとえそれが醜い八つ当たりでもだ。
    何も予備知識なく見たら、人が死にすぎてびっくり。

    序盤は特に痛々しいシーンが多すぎてビビる。

    消化し切れず見終えてしまったけど、予告編を見ておけばもっと頭を働かせて見れたと後悔。

    ちょっと間違えれば誰にでも起こりうる罪であるから、ああ無情。

    童顔な女の子がかわいかった!
    >|