罪の手ざわりの作品情報・感想・評価

罪の手ざわり2013年製作の映画)

天注定/A Touch of Sin

上映日:2014年05月31日

製作国:

上映時間:133分

3.7

あらすじ

村の共同所有だった炭鉱の利益が実業家に独占されたことに怒った山西省の男。 妻と子には出稼ぎだと偽って強盗を繰り返す重慶の男。しつこく迫る客に我慢できず切りつける湖北省の女。 ナイトクラブのダンサーとの恋に苦悩する広東省の男——。 虐げられ苦悩する彼らが起こす衝撃の結末とは? ごく普通の人びとである彼らはなぜ、罪に触れてしまったのか? デビュー作『一瞬の夢』以来、つねに今を生きる人びとを真…

村の共同所有だった炭鉱の利益が実業家に独占されたことに怒った山西省の男。 妻と子には出稼ぎだと偽って強盗を繰り返す重慶の男。しつこく迫る客に我慢できず切りつける湖北省の女。 ナイトクラブのダンサーとの恋に苦悩する広東省の男——。 虐げられ苦悩する彼らが起こす衝撃の結末とは? ごく普通の人びとである彼らはなぜ、罪に触れてしまったのか? デビュー作『一瞬の夢』以来、つねに今を生きる人びとを真摯に見つめてきた名匠・ジャ・ジャンクーが、 中国でここ数年に実際に起こった4つの事件を基に、急激に変貌する社会の中で時代の波に乗り遅れ、 もがきながらひたむきに生きる人たちをパワフルに描く、衝撃と慟哭の物語。

「罪の手ざわり」に投稿された感想・評価

箱蛙

箱蛙の感想・評価

3.8
2015/07/24(楽天レンタル)
神懸かり的ショットの連続でもはや物語が入ってこなかった。
暴力の見せ方もタランティーノから清から、いろんなパターンがあって楽しいし、『回路』ダイブもアツイ。
芦田愛菜激似
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📀✒️📑
Kei05

Kei05の感想・評価

4.0
名もなき市井の人間が罪に触れる瞬間の不穏な空気感と狂気を的確に捉える。次々と炸裂する猟銃と解放された馬の歩み。無表情と夜空に打ち上がる花火。風俗サウナの受付嬢による武侠映画顔負けのナイフの切れ味。芽生えかけた恋と変わることのない現実。テーマが一本の線に収束するラストカット。130分に中国の「今」が凝縮されている。オムニバス形式とはいえ確かに個々の物語は深層に迫っておらず、手ざわりが残るのみかもしれない。
haktou

haktouの感想・評価

3.5
最後、一本に繋がるのかと思ったら繋がんなかった。そういう目線で見てたから途中混乱。感情なさそうな男がタバコ三本捧げるシーン良かった。
それは"ケダモノ"かもしれないけれど。そのケダモノをつくりし大きな影。悲しく辛い現実の中を歩む彼ら。
彼らは誰も、嘆かない。ただふわりと何かが彼らの心に触れてゆくだけ。

降り注ぐ赤い雨。付いた染みはなかなか落ちないけれど、それが美しいと思うのは、わたしの眼も、赤く染まってしまったからかもしれない。
だからいつかきっと、違う世界で君に会いたい。
。。なんだか。ココロがとても、穏やかなんだ。
SAYOKO

SAYOKOの感想・評価

3.4
(過去鑑賞記録用)

暗くて重たい映画。キャッチコピーは「なぜ普通の人たちは罪を犯したのか」なんだけど、出てくる人たちの中には明らかに普通じゃないサイコパスが紛れてたから、そのキャッチコピーは違うんじゃないかなと思った。

予告観るかぎり3つの物語がもっと絡み合ってると思ったんだけど、普通に独立したお話でした。

3番目の不倫してる女性がホテルでお客さんを刺しちゃう話が一番好き。ちょっと長いけど観る人が観たらきっと考えさせられる一本だと思う。
mktknk

mktknkの感想・評価

4.6
すべてのエピソードが素晴らしいが、中でもチャオタオが突然武侠映画のヒロインみたいになる場面がものすごく好きです。
>|